書籍

【書籍】ミニ四駆 GRAPHICS レビュー

今回は2019年11月に発売された書籍「ミニ四駆 GRAPHICS」のレビューを。

ミニ四駆 GRAPHICS レビュー

ページを開くと、毎度お馴染みのドレスアップステッカー。

うーん、たぶん使うことはないかなー…

本誌の最初はプロローグから。

本誌のテーマであるカッコイイへのこだわりが伺えます。

目次です。

目次をめくるとカッコイイ マシンが紹介されています。

そして、カッコいいマシンを作るための塗装テクニックの紹介。

基本的な塗装方法から少しマニアックな塗装テクニックが載っています。

軽量化しつつも見栄えが損なわれないとは何と合理的!
作成方法も載っているので、これを参考に脱クリアボディー?!
でもコースアウトして当たり所が悪かったら…と考えると
走行させるのも躊躇してしまいそうです。

ぱっと見「絵?」と思ったんですが実はこれ実車なんです。
台座の作りがより絵っぽさをかもし出してますよねー。
ただ、こちらの塗装方法については記載はありませんでした。

これ以外にも多数のマシンが紹介されていて
その後は、ミニ四駆雑誌の恒例となっている店舗紹介がありーのからのー
リアル ダッシュ四駆郎!

これはちょっとやってみたい♪

巻末にはミニ四駆37年間のヒストリー。

ミニ四駆37年間のヒストリー見開き1ページなのでおまけ的な感じですね。

ミニ四駆 GRAPHICS 総評

本誌はミニ四駆の実用的セッティングの記載は皆無なので
スピードを求める方には不要かもしれませんが
これまでミニ四駆デザインに興味がなかった方も
本誌をきっかけに愛着が持てるマシンを作ってみるのはいかがでしょうか。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。