工具類

ミニ四駆スピードチェッカー レビュー

前回、モーター慣らし方法の記事を書いたんですが
モーター慣らし後にどのくらいモーターの性能が良くなったかは
実際にコースでタイムを計測してこそ違いが実感できるというものです。
(厳密に言えば、慣らし前と後でのタイム計測が必要ですよね)

しかしながら、私の家にはコースがなく
近場にも走行できるコース場がありません。

そんな私のような人にうってつけの商品が
今回紹介するミニ四駆スピードチェッカーです。
これさえあれば自宅でマシンの速度計測が可能に!

ミニ四駆スピードチェッカー レビュー

付属品は
ミニ四駆スピードチェッカーと取扱説明書。

本体起動に別途 単3電池が2本必要になります。

では早速「ためしに計測を」と思ったものの、心配なことがありまして
そもそも私がメインで使用しているMAシャーシが対応しているかどうか。
スピードチェッカー自体がフルカウルミニ四駆全盛期に発売されたとのことで
それ以降に登場したシャーシのことは当然ながら考慮されていないはずです。

恐る恐るMAシャーシをセットしてみましたが
車体も問題なく置けて、無事計測できました♪

タイヤは初期パーツの大径タイヤを使用していますが
中径タイヤでも計測できました。
それと、小径タイヤは試してないんですが
中径タイヤで結構ギリだったので
MAシャーシでは小径タイヤはギリギリ駄目っぽいです…

ちなみにジャパンカップ2019で使用した
私の中径タイヤマシンでは
後部のローラーが干渉し計測できませんでした。


ちなみに、私のマシンの全長は
規定上限より結構短くなっているので
チェッカーにはすっぽり収まっていますが
規定ギリギリの全長だとチェッカーからはみ出て
計測できないと思われます。

ではレース用にセッティングしたマシンは
計測できないのかというと、そうとも言い切れず
前輪だけをのせて計測する方法もあります。

ただ私のマシンだと
少しでもずれると他のパーツが
スピードチェッカーのローラーに接触するため
角度調整が非常に難しいです(笑)

そして肝心の計測機能ですが
計測モードはスピードチェックとタイムアタックの2種類。

スピードチェック モード

最高時速を計測するモード。

30秒の計測時間で時速を測定し
計測終了後に最高時速が表示されるのですが
これだと細かい速度計測ができないので
ざっくり速度を知る目安程度かなーと。

タイムアタック モード

10m~300mの距離の走行時間を計測するモード。

計測距離は10m単位で調整可能で
走行タイムも100分の1秒単位で表示されるので
細かい速度計測はこのモードがメインになるかと。

そしてネットのレビューなどでは音がうるさいなど
言われていて、購入前は
「うるさいのはスピードチェッカーではなく
ミニ四駆本体の稼働音なのでは?」と思っていたわけですが
少し操作してそう言われる理由がわかりました。
操作音・電子音が結構デカい(笑)

ただ操作音・電子音以上に
計測時のミニ四駆本体の稼働音と
スピードチェッカーのローラー回転音が交わって
かなりの騒音になります…

これは早朝・深夜は使用を控えるしかありません(笑)

計測できるボディーの制約や音の問題はあるものの
スピードチェッカーがあれば
電池やモーターの性能を調べることが可能なので
気軽にコースで試運転ができないという方にはお勧めです。

ただ電池やモーター以外の箇所で改造した成果をみるために
スピードチェッカーでは不可能なので
コースを走らせる必要がありますが…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。