コース・大会

2020ニューイヤー東京大会D レポート

昨日行ってきました!
ミニ四駆グランプリ2020 ニューイヤー 東京大会D。

今回は少し前に配信された超速グランプリに夢中になり
またもセッティングがギリギリになってしまったものの
何とか当日までに準備完了。

(右上の機器は電池の電圧を測定するものです)

今回は前回以上に荷物を軽量化。
万が一、勝ったもののどこかのパーツを紛失したという
トラブルがあれば会場の売店で購入するということで(笑)

前回は受付開始時間丁度に行ってかなり混雑していたので
今回は余裕を見て受付開始1時間前に到着!


やはりコースを見るとワクワクしてきますね。

エスカレーターの脇には試運転コースもありました。

前倒しで受付開始すると思いきや
予定通りの受付開始で結局待つことになりました…
その日は気温はそれほど低くなかったんですが
少し風があって基本屋外なので待ち時間も寒い…

幸い、東京大会会場のすぐ横にイオンがあるので
時間が空いたらイオンに入って寒さを凌いでました。

そして無事ピットインを済ませて、後はレース開始を待つのみ。

肝心の今大会のコースですが
今回は立体要素も少なくスピードコースな感じで
注意すべきはスロープ上り直後のコーナー「CHU~TURN」

この対策として、タミヤプラモデルファクトリー新橋店
ニューイヤー2020仮想コースが設置されていたので
事前にそこで試し走行を実施してきました。

ニューイヤー2020はジャパンカップ2019の
ライジングファントムチェンジャーみたいな
スピード・パワーがないと攻略が難しいセクションがないため
確実に完走できるスピードに抑えて他の人のコースアウト待ち
という戦法もありかなーと思ったんですが
やっぱり出来る限り速度を出して勝ちたい!
ということでコースアウトも覚悟した上での
攻めていくスタイルで調整。

そして今回はかなり早くチェックインを済ませたので
オープニング・競技説明後にすぐにレース開始。

トライアルクラスでで参加したんですが
何と今回トライアルは各レース3人での出走!
これは1次予選突破の光が見えてきた?!

そして出走の出番が。

超速グランプリで鍛えたスタートを今ここで!(笑)
結果はBadスタート…

出遅れたものの
前の2台とは差は開いていないのでまだ望みが!
と思った矢先に「CHU~TURN」でコースアウト!!

1週すら出来ず、ものの10秒で終了してしまいました…

反省点としてタミヤプラモデルファクトリー新橋店での試し走行で
電池を消耗し電圧が下がってくると完走率も上がり
電圧の目安も分かってきたので、当日の出走直前に
電池を消耗させる作戦だったのですが大して電池も消耗させずに
想定よりも高めの電圧で行ってしまいました。

たらればですけど、電圧をもっと下げていれば完走できたかも。
でも同じレーンで1名完走していたので
仮に完走してても負けていた可能性大ではあったんですが
せっかくだから勝つか負けるかの勝負をして
ハラハラドキドキしながら終わりたかった…

そして終わった瞬間はそうでもなかったんですが
時間が経つと悔しさがじわじわと…
次こそは完走を!
次の大会の目標はトライアル完走!!
(だんだん目標が下がってきてますが(笑))

とりあえず超速グランプリでLVの低いCPUを
ぶっちぎって憂さ晴らしします(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。