改造

フロント提灯(MAシャーシ)作り方紹介 -準備編-

今回はMAシャーシ用のフロント提灯の作り方を紹介します。

今回の改造のコンセプトは
なるべく少ないパーツ・基本的な工具で且つシンプルな改造を目指したので
初心者の方でも簡単にできる改造かと思われます。

完成形はこんな感じになります。

それでは最初に必要なパーツと工具の紹介から。

フロント提灯作成に必要なパーツ

HGカーボンマルチ補強プレート(1.5mm)


フロント提灯の基幹となるパーツです。
FRPマルチ補強プレートでも代用効くと思いますが
FRPだと強度不足の心配もあったので強度の高いHGカーボンを採用しました。

FRPマルチワイドリヤステー


HGカーボン版もありますが
こちらはそれほど負荷がかからないので
パーツ代節約でFRPを採用しました。

ARシャーシ サイドマスダンパーセット


こちらは好みで、他のマスダンパーでも良いかと。
ただ、後述する簡易スパナが付属しているので
簡易スパナがない方はこれが良いかもしれません。

2mmロックナット


各所固定に必須パーツです。
通常のナットも使用しますが通常ナットは各パーツに付属しているので
そっちで余った分を使用していきます。

17・19mmローラー用ゴムリング


こちらはリフター用として採用しています。

スペーサーセット


こちらは必須ではなく、位置・高さの調整が必要な場合は
あると便利なので状況に応じて使用していきます。

ステンレスビスセット 15・20・25・30mm


こちらも必須ではなく、様々なパーツに付属しているので
余っているビスで対応できれば不要です。
ビスセットは他の種類もありますが上記の長さが今回の改造に
マッチしていたのでこちらを取り上げました。

以上が必要パーツとなります。
続いては必要工具の紹介となります。

フロント提灯作成に必要な工具

プラスドライバー

言わずもがな どの改造にも必須と言っても過言ではない工具となります。

ボックスドライバー


こちらもミニ四駆の改造では必須級の工具です。
下で紹介している簡易スパナでも代用可能ですが
こちらの方が使い勝手がいいので持っていると便利です。

なおプラスドライバーとボックスドライバーをセットにした
ミニ四駆ドライバーセットPROもあります。

ボックスドライバーはもとより
プラスドライバーもミニ四駆用ビスに適したサイズなのでお勧めです。

簡易スパナ


ボックスドライバーと同じ役割ではあるんですが
ボックスドライバーと同時に使うことになるのでこちらも必要になります。
ただし、使用するのはマスダンパーをつける箇所のみで
私の改造では必要になっただけであって
取り付け方を工夫すれば不要になるかもしれません。

尚、簡易スパナは先程紹介したARシャーシ サイドマスダンパーセットなどの
一部のグレードアップパーツに付属しています。

電動リューター


今回の改造では大活躍でした。
追加のパーツも必要になります。
今回使用したリューターはこちらで紹介しています。

電動ドリル(ドリル刃 2mm)


こちらは終盤に一度しか出番がないので
リューターでも代用可能ではあるんですが
こちらの方がスムーズに作業できるので
できればあった方がいいです。

瞬間接着剤


骨格部分の固定に使用します。
即時接着が必要ということでもないので
粘度が高い接着剤であればOKです。
ちなみに上の接着剤はこちらで紹介しています。

マルチテープ

これはボディ取付の際に仮止めに一時的につかうものなので
マルチテープでなくてもセロハンテープやガムテープでも問題ありません。

以上が必要工具となります。
ここからメインのフロント提灯作成の説明に入ろうと思ったんですが
パーツ・工具紹介だけで結構長くなってしまったのと
次に紹介する改造方法が結構なボリュームになってしまったので
記事を分けて作成方法は次回説明していきます。

フロント提灯(MAシャーシ)作り方紹介 -ベース作成編-前回はMAシャーシ用のフロント提灯に必要なパーツ・工具を紹介しました。 今回はフロント提灯のベース部分の作成方法を紹介します。 ...
フロント提灯(MAシャーシ)作り方紹介 -完成編-前回、前々回では必要パーツ・工具、フロント提灯のベース部分の作成まで紹介し 今回はマスダンパー・ボディ・リフターの取付を紹介し完成まで...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。