改造

フロントATバンパー(MAシャーシ)作り方紹介 -準備編-

今回はMAシャーシ用のフロントATバンパーの作り方を紹介します。

今回の改造のコンセプトは
以前紹介したフロント提灯のように
なるべく少ないパーツ・基本的な工具で且つシンプルな改造を目指したので
初心者の方でも比較的簡単にできる改造かと思われます。

完成形はこんな感じになります。


それでは最初に必要なパーツと工具の紹介から。

フロントATバンパー作成に必要なパーツ

FRPリヤブレーキステーセット


ATバンパーの基幹となるパーツです。
欲を言えばHGカーボンで強度を上げ、より安全に行きたかったのですが
現状HGカーボンリヤブレーキステーの入手が困難なためこちらにしました。
ただ結果的にこちらの素材でも全然問題ありませんでした。

HGカーボンリヤワイドステー(1.5mm)


こちらもATバンパーの基幹となるパーツで
最も摩耗しやすいパーツなのでこれだけはカーボンが推奨です。

FRPフロントワイドステー x2


こちらもATバンパーの基幹となるパーツで
このパーツへの負担がかなりかかるので2枚重ねて使用します
以前、このパーツを1枚で走行させていたら


こんな結果に…
これがカーボン素材であればこうなっていなかったかもしれませんが
フロントワイドステーのカーボン版が現状入手困難なため
現実的に考え、入手しやすいFRP素材のものを2枚用意します。

フロントアンダーガード


上で紹介したフロントワイドステーに取り付けます。
こちらも本来の目的通りに使用します。
尚、アンダーガードを使用しない方法については
引っ掛かり防止ステー作成方法の紹介をご参照ください。

2mmロックナット


各所ビス固定に使用します。

ステンレス皿ビスセット


私の中では各改造でレギュラー入りしている皿ビス。
少し前に上の画像とは異なる長さの皿ビスも発売され
欲を言えば上のものと
下の6・8・15mmタイプ両方あると良いです。


両方用意できないのであれば
10・12・20・25・30mmタイプのみでOKです。

2段アルミローラー用5mmパイプ


直径約3mmのパイプとなります。
こちらを使用しない方法も考えていたのですが
アルミローラー用パイプを使用した方がパーツの摩耗も少なく
結果、長期間使用できると判断したため採用しました。

スプリングセット


ATバンパー動作をスムーズにするパーツです。

メタル軸受けセット


スプリング・アルミローラー用パイプ等を固定するために使用します。

ボールリンクマスダンパー


こちらはスラスト角調整用の穴を開けるための型として
一時的に使用するだけなので必須パーツではありません。

実際の工程を見て必要かどうか判断してください。

冒頭でなるべく少ないパーツで作成と言いましたがこうしてみると結構なパーツ数に…
これでも頑張ってパーツは絞ったつもりだったんですが…(笑)

続いては必要工具の紹介となります。

フロントATバンパー作成に必要な工具

プラスドライバー

言わずもがな どの改造にも必須と言っても過言ではない工具となります。

ボックスドライバー


こちらもミニ四駆の改造では必須級の工具です。
グレードアップパーツに付属している簡易スパナでも代用可能ですが
こちらの方が使い勝手がいいので持っておくと便利です。

なおプラスドライバーとボックスドライバーをセットにした
ミニ四駆ドライバーセットPROもあります。

ボックスドライバーはもとより
プラスドライバーもミニ四駆用ビスに適したサイズなのでお勧めです。

電動リューター


今回の改造ではドライバーと同じぐらい必須工具となります。
使用するビットはタミヤから販売している
「電動リューター用 ビット5本」と「皿ビス穴加工ビット」


それとダイヤモンドカッターとなります。
ダイヤモンドカッターについては100均で購入したもので問題ありません。

あと同じく100均で買えるこちらもあるといいかもしれません。

今回使用したリューターはこちらで紹介しています。

電動ドリル


ドリル刃は2mmと3.1mmを使用します。
3.1mmがない場合は3mmでも問題ありません。
ただし3mmの場合は上記のリューターと別売りビットが必要になります。

薄刃クラフトのこ


シャーシ切断の際に使用するんですが
紹介しておきながら私はこの工具を持っていないため
代わりにドリルとニッパーを使ってシャーシを切断しました。
ない場合はドリルとニッパーで代用することも可能です。

紙ヤスリ


プレート同士の接着時により接着を良くするために使用します。
番手(表面の目の粗さ)は特に決まってないので
100均で売っているもので問題ないと思います。

接着剤


画像は速乾の瞬間接着剤ですが
今回は接着剤を付ける面積が結構広く
速乾用だと全箇所につけ終わる前に固まってしまうということもあるので
接着まで少し時間がかかるものを推奨します。
仕上げは瞬間接着剤の方が適していると思うので
こちらもあると尚良しです。

マルチテープ

これは仮止めで一時的に使うものなので
マルチテープでなくてもセロハンテープやガムテープでも問題ありません。

ラジオペンチ


必須ではないんですが
リューター使用時に手でパーツを持って作業するよりも
ラジオペンチを使った方が安全に作業ができるのでおすすめです。
画像のものは100均で購入したラジオペンチミニです。

以上が必要なパーツ・工具の紹介でした。
上記のパーツ・工具を使っての作成方法は次回説明していきます。

フロントATバンパー(MAシャーシ)作り方紹介 -作成編 前編-前回はMAシャーシ用のフロントATバンパー作成に必要なパーツ・工具を紹介しました。 今回はMAシャーシ用のフロントATバンパーのベース...
フロントATバンパー(MAシャーシ)作り方紹介 -作成編 後編-前回はMAシャーシ用のフロントATバンパーの ベースパーツ加工まで紹介しました。 今回は完成まで紹介していきます。 もう一度作...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。