改造

ヒクオ・フロント提灯(MAシャーシ)作り方紹介 -作成編-

前回はMAシャーシ用のヒクオ(フロント提灯)作成に必要なパーツ・工具を紹介しました。
今回はMAシャーシ用のヒクオ(フロント提灯)の作成方法を紹介します。

作業の流れとしては
①シャーシ周りの加工
②各プレートの加工
③パーツの結合
④シャーシへの取付
となります。

尚、今回紹介するヒクオは以前作成したATバンパーの下画像の白丸のビスの箇所に
適合するよう作成しており、小径ローハイトタイヤに対応する改造となっています。

シャーシ周りの加工

ヒクオ動作時の干渉を無くすためにシャーシ周りを加工していくんですが
加工対象がシャーシ、モーターカバー、電池ホルダーとなります。

まずはシャーシの加工から。


加工と言っても不要な部分をカットするだけで
黒丸のサイドの部分をカットしていきます。
「薄刃クラフトのこ」が適していると思うんですが
持っていない私は2.0mm刃のドリルで適度な間隔に穴を開けて
ニッパーで切り落とし、荒くなったところはリューターで整えました。


カットするのはリューターのダイヤモンドカッターでも良いかと。

次はモーターカバーの加工です。


白丸の箇所が干渉してくるので
ニッパーで不要な箇所を切って、あとはリューターで整えます。


この時に使用するリュータービットは
100均で買える円筒形や砲弾形の直径が大きめのものだと
早く削れ作業効率も良くなるのでおすすめです。

最後は電池ホルダーの加工です。


黒丸の箇所が干渉してくるので
ニッパーで切り落としリューターで整えます。

これでシャーシ周りの加工は完了です。

各プレートの加工

まずはHGカーボンマルチ補強プレート(以下 カーボンプレート)と
FRPマルチ補強プレートセット(以下 マルチプレート)の加工です。

この2種類のプレートを結合させてヒクオの骨格を作っていくのですが
カーボンプレートは黄色丸の穴を使用するので不要な部分は削り
マルチプレートはプレート同士の結合するために
白丸の箇所に穴が必要になるので新しい穴を追加します。

カーボンプレートの加工についてはいつものように
使用する箇所を間違って削ってしまわないように
使用する箇所にマルチテープ貼りました。


あとはリューターのダイヤモンドカッターで不要箇所を削り
最後に円筒形などのリュータービットで綺麗に整えていきます。
※ダイヤモンドカッター以外での削り方については
フロント提灯作り方紹介-ベース作成編-で紹介しています。

このままの状態でシャーシに取り付けると
穴が小さくヒクオの可動域が狭くなってしまうので
シャーシに取り付ける方の穴を
リューターのドリル状ビットを貫通させ拡張します。


さらに実際の可動域を想定し
斜めにした状態でドリル状ビットを少しだけあて削っていきます。

※斜めのリューターあては各プレートを組み合わせていない状態だと
間違えて違う向きにリューターをあててしまう可能性もあるので
プレートを組み合わせてから実施した方が良いかもしれません。

これでカーボンプレートの加工は終了です。

次はマルチプレートの加工です。
マルチプレートは新しい穴をあけるんですが
正確に穴をあけるために
ボールリンクマスダンパーに付属しているプレートを使用します。


マスダンパー付属プレートをビスで仮止めして
白丸の箇所の穴を使ってマルチプレートに新し穴をあけていきます。

ここではマスダンパー付属プレートを使用していますが
以前紹介したフロントATバンパーを作成しているようであれば
そこで加工したHGカーボンリヤワイドステーを
使用し穴をあける事も可能です。


ついでに言うと画像はないんですが
リヤブレーキステープレートでも同じ箇所に穴をあけることが可能です。
※穴あけに苦戦するという方は
カーボン・FRPの穴あけ方法の紹介」の記事で
穴あけ方法を紹介していますのでそちらをご参照ください。

マルチプレートは両サイドの穴も使用するので
追加の穴をあけて加工終了です。

続いてはFRPリヤーローラーステー(以下 リヤステー)の加工です。

リヤステーは白丸の箇所を使用し
すべて皿ビスを取り付けていくので
まずはリューターの皿ビス加工ビットで
皿ビス加工をしていきます。


皿ビス加工が終わったら
ビス穴に干渉しないように不要な部分をカットしていきます。
加工はこれまでカーボンプレートと同様に
リューターのダイヤモンドカッターで不要箇所を削り
最後に円筒形などのリュータービットで綺麗に整えていきます。

これで各プレートの加工は完了となります。

パーツの結合

これまで作成したパーツを結合させていきます。
まずはカーボンプレートとマルチプレートを結合します。


白丸同士、黄色丸同士をビスを使って結合させてますが
2点締めだと走行中などに衝撃を受けるとプレートがずれることもあるので
瞬間接着剤を使い、より強固に固定していきます。
(瞬間接着剤は気休めかもしれませんが…)

まず接着剤をつける前にシャーシ側で
ヒクオを取り付けるためのビスを用意するのですが
以前紹介したATバンパーを使用する場合は
ATバンパープレート結合用の穴に一旦仮で良いので長めの皿ビスをつけます。


最終形として20mmの皿ビスを通し
高さ調整のため1.5mmスペーサーをつけて
そのスペーサーをナットで固定しますが
この段階では長めのビスであればどのビスでも構いません。

あとはATバンパープレートをシャーシにセットして
ヒクオを取り付ける準備が完了したら
マルチプレート側に接着剤をつけます。


接着剤を付けたらすぐにビスとナットでプレートを固定して
一旦シャーシに取り付けてプレートの最終位置を調整して
ビスとナットで本締めして接着剤が乾くまでしばらく放置しておきます。

尚、プレートの結合にはトラスビス(5mm)とロックナットを使用しました。

結合プレートの表

結合プレートの裏

カーボンプレートとマルチプレートの上下については
上の写真のようにマルチプレートを上にした方が少しだけ
ヒクオの可動範囲が大きくなります。

続いてはこの結合したプレートにリヤプレートを結合します。
結合にはスペーサー・皿ビス・ロックナットを使用します。

リヤプレートの皿ビス加工した方を地面に向けて
この2つの穴に25mm皿ビスを通し
スペーサー12mm+6.7mmを皿ビスに通してロックナットで固定します。
これを左右それぞれ2箇所の計4箇所固定します。



今回は小径ホイールに対応した形で地上高1mm以上確保するように
スペーサーの長さを計18.7mmとしました。
このスペーサーの長さで地上高は2mm弱あり
もう少しスペーサー部分を長くすることも可能なんですが
あまり地上高ギリギリにしてしまうと
ヒクオが左右に傾いた際に片方が地面にこすれてしまうこともあるので
地上高は少し余裕をもたせるようにしました。

続いてリヤプレートにマスダンパーを付けていきます。
リヤプレートの残りの穴に皿ビス(30mm)を通してロックナットで固定し


マスダンパーを乗せて、スタビキャップをつけて完了です。


これでパーツの結合は完了です。

シャーシへの取付

最後に結合したプレートをシャーシに取り付けていきます。

シャーシ側は以前作成したATバンパープレート結合用の穴を使用し
ビスは20mmの皿ビスを使用し
ヒクオの高さ調整のため1.5mmスペーサーを取り付け
そのスペーサーをナットで固定しています。


あとはこのATバンパーをシャーシに取り付けたら
結合したプレートをシャーシにセットするのですが
プレートをシャーシにセットする前に
リフターの機能を持たせるために
プレート側に2重にしたゴムリングを取り付けます。
※リフターの説明についてはフロント提灯作り方紹介 -完成編-
紹介しているのでこちらを参照してください。


次にゴムリングをビスに通しやすくするために
ビスの浅いところでプレートをを止めておきます。


浅くセットした状態で
ゴムリングのビスから遠い方の輪っかをビスに引っ掛けます。


※ゴムリングの付け方によってリフターとしての役割が若干変わってくるので
その説明については「フロント提灯作り方紹介 -完成編-」を参照ください。

そのままプレートごと下げていきます。
ここでプレートを下げすぎるとフロント提灯の可動域が狭くなるので
少しの空きスペースを確保するようにして
最後にロックナットでゴムリングリフターを固定します。


ここで注意していほしいのはゴムリングリフターを使用した場合
後ろ側に引っ張る力が働き、下の写真のように
ATバンパーのプレート間に隙間ができます。

こうなるとATバンパーの前方部分が浮き
アッパースラストになってしまい
ATバンパーにスラスト角調整の加工をしたつもりが
スラスト角が浅くなり、酷いとアッパースラストになってしまいます。

これを解消するために
あらかじめATバンパーのスラスト角度を高めにしておきます。

ATバンパー作成時は5mmトラスビスと小ワッシャー2枚でしたが
スラスト角を上げるため、8mmトラスビスに変更し
1.5mmスペーサーを追加しました。




これでヒクオがない状態だと結構なスラスト角ですが
ヒクオをつけるとスラスト角もだいぶ緩やかになります。

写真のヒクオ取付後のフロントローラーは
スラスト角がないようみ見えますが実際は3℃ぐらいあります。
あとは自分の好みのスラスト角になるように
スペーサーやワッシャーで調整しましょう。

そしてスラスト角を調整してヒクオ完成です。







尚、ヒクオが下に降りた際にプレートがモーター部分を叩くようにも見えますが
実際はプレートがモーターにあたる前に
電池ホルダーにあたるのでモーターに直接あたる事はありません。

そして完成とは言ったものの
ボディの用意が出来ておらずボディが未装着です…

ボディの取付方法については
フロント提灯作り方紹介 -完成編-で紹介していますので
こちらを参照お願いします。

ヒクオ・フロント提灯(MAシャーシ)作り方紹介 -準備編-今回はMAシャーシ用のヒクオ(フロント提灯)の作り方を紹介します。 以前、フロント提灯の作成方法を紹介しましたが その後に作成し...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。