改造

リヤATバンパーType1(MAシャーシ)作り方紹介 -準備編-

今回はMAシャーシ用のリヤATバンパーの作り方を紹介します。

以前作成したフロントATバンパーのギミックを流用する形で
リヤ側のATバンパーを作成しました。
なるべく少ないパーツ・基本的な工具で且つシンプルな改造を目指したので
初心者の方でも比較的簡単にできる改造かと思われます。

完成形はこんな感じになります。

ちなみに今回タイトルでType1と記載していますが
上とは若干形が違うType2も後日紹介する予定です。

今回は上の画像のリヤATバンパー作成に
必要なパーツと工具を紹介します。

尚、今回は小径ローハイトタイヤに対応する改造となっています。

リヤATバンパー作成に必要なパーツ

FRPリヤブレーキステーセット


リヤATバンパーの基幹となるパーツです。
今回この基幹パーツは結構負担がかかるので
欲を言えばHGカーボンで強度を上げたいので
HGカーボンリヤブレーキステーを購入できる方はそちらを推奨します。

FRPフロントワイドステー x2


こちらは2個用意します。
ただ、上下のローラーは1本のビスで固定するという方は
上下それぞれにプレートを用意する必要がないので
フロントワイドステーは1個で良いです。

フロントアンダーガード


上で紹介したフロントワイドステーに取り付けます。
下段のフロントワイドステーのみ取り付けるので
こちらは1個の購入でOKです。
尚、アンダーガードを使用しない方法については
引っ掛かり防止ステー作成方法の紹介をご参照ください。

9mm or 13mmローラー


基本的にローラーサイズは自由なんですが
ローラー径が17mm以上になるとフロントアンダーガードの
固定が難しくなるので9mmか13mmローラーが推奨です。
私は今回13mmローラーを使用し上下2段の構成なので
2セット分購入しました。

2mmロックナット


各所ビス固定に使用します。

ステンレス皿ビスセット


私の中では各改造でレギュラー入りしている皿ビス。
少し前に上の画像とは異なる長さの皿ビスも発売され
欲を言えば上のものと
下の6・8・15mmタイプ両方あると良いです。


両方用意できないのであれば
10・12・20・25・30mmタイプのみでOKです。

アルミスペーサーセット


上下段のリヤステーを連結する際の支柱を固定するパーツとなります。
プラスチックタイプのものもありますが
そこそこの負担がかかるので
より堅固なアルミタイプが推奨です。

2段アルミローラー用5mmパイプ


直径約3mmのパイプとなります。
リヤATバンパー可動部分で使用します。

スプリングセット


ATバンパー動作をスムーズにするパーツです。

メタル軸受けセット


スプリング・アルミローラー用パイプ等を
固定するために使用します。

ボールスタビキャップ


各所のビスの長さがジャストサイズであれば必要ないです。
必要になったとしてもすでに購入済みのパーツの余りを
流用できたりするので、どうしても必要でない場合は購入しましょう。
また、他のパーツに付属しているゴムパイプでも代用OKです。

続いては必要工具の紹介となります。

リヤATバンパー作成に必要な工具

プラスドライバー

言わずもがな どの改造にも必須と言っても過言ではない工具となります。

ボックスドライバー


こちらもミニ四駆の改造では必須級の工具です。
グレードアップパーツに付属している簡易スパナでも代用可能ですが
こちらの方が使い勝手がいいので持っておくと便利です。

なおプラスドライバーとボックスドライバーをセットにした
ミニ四駆ドライバーセットPROもあります。


ボックスドライバーはもとより
プラスドライバーもミニ四駆用ビスに適したサイズなのでお勧めです。

電動リューター


今回の改造ではドライバーと同じぐらい必須工具となります。
使用するビットはタミヤから販売している
「電動リューター用 ビット5本」と「皿ビス穴加工ビット」


それとダイヤモンドカッターとなります。
ダイヤモンドカッターについては100均で購入したもので問題ありません。

今回使用したリューターはこちらで紹介しています。
それと必須ではないんですが
同じくダイソーで買える円筒形・砲弾形ビットもあると便利です。

電動ドリル


ドリル刃は1.5mmと3.1mmを使用します。
3.1mmがない場合は3mmでも問題ありません。
ただし3mmの場合は上記のリューターの別売りビットが必要になります。

薄刃クラフトのこ


シャーシ切断の際に使用するんですが
紹介しておきながら私はこの工具を持っていないため
代わりにリューターを使ってシャーシを切断しました。
ない場合はリューターやドリル・ニッパーで代用することも可能です。

マルチテープ

これは仮止めで一時的に使うものなので
マルチテープでなくてもセロハンテープやガムテープでも問題ありません。

ラジオペンチ


必須ではないんですが
リューター使用時に手でパーツを持って作業するよりも
ラジオペンチを使った方が安全に作業ができるのでおすすめです。
画像のものは100均で購入したラジオペンチミニです。

以上が必要なパーツ・工具の紹介でした。
上記のパーツ・工具を使っての作成方法は次回説明していきます。

リヤATバンパーType1(MAシャーシ)作り方紹介 -作成編-前回はMAシャーシ用のリヤATバンパーType1作成に必要なパーツ・工具を紹介しました。 今回は作成方法を紹介します。 完成形は...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。