改造

ビス・ネジ加工方法紹介(ビス・ネジのカット)

今回は「適切な長さのビスがない」と困った時に
適切な長さのビスの作成方法を紹介します。
(作成と言ってもただカットするだけですが…)

まずは必要な工具の紹介を。

リューター


正直、ビスをカットするための工具ではないと思うのですが
今回はもとよりミニ四駆の改造に大いに役立つ工具なので
持ってない方は購入を強く推奨します。

ではどのリューターが良いのかという話になると
初心者は上の画像にあるタミヤ製のリューターをお勧めします。
※タミヤ製のリューターレビューについては
電動ハンディリューター レビュー」をご参照ください。

ダイヤモンドカッター


リューターの装着するビットです。
私が使用しているのは上の画像のものですが
見ての通り100均で購入できるもので
これで問題なくビスのカットができます。

プラスドライバー


特にどこ製のものがいいという指定はなく
みなすでに所持していると思うので説明不要かと思いますが
ミニ四駆の組立・改造作業で使っているもので構いません。

必要工具は以上になります。

続いてはビスの切断方法の説明ですが
まず下準備として削る際はビスをそのまま手に持つと危険で
ラジオペンチなどで掴んでも不安定になり削りにくくなります。

そこでビスをカットするための土台として
不要になったミニ四駆パーツを活用します。

今回は改造時に不要となったシャーシの余り部分を使用します。

MAシャーシのフロント部分とか


MAシャーシのリヤの部分とか
シャーシではなくても何らかのビスを固定できる穴が開いていればOKです。

下準備が出来たら加工したいビスを用意して
まずはカットする部分にマジックで印をつけ
不要になったパーツにドライバーを使いビスを通していきます。




ビスを通している最中にマジックの印が消えてしまうこともあり
書いてすぐだとインクが消える可能性が高いので
印をつけてから少し時間を置いた方がが良さげです。

削りたい部分をシャーシから出して
余りのシャーシ部分が削る土台にもなるので
シャーシに沿ってダイヤモンドカッターで削り取ります。


※余りパーツの面積が小さい時は直接手に持つと危険なので
ラジオペンチ等でパーツを掴んで作業することをお勧めします。


切断できたらドライバーでビスを取り外します。

ビスがまだ少し長かったり、切断面が荒いようでしたら
もう一度ビスを余りパーツにセットして
ダイヤモンドカッターの側面で削り整えて完了です。

尚、100均のダイヤモンドカッターで刃負けしないか
心配だったんですがステンレスビスも何とか切断できました。
しばらく使っていくと刃が駄目になりそうな気もしますが
刃は100均で購入できるので消耗品として考えていきましょう(笑)

こうして説明しておきながら最後にこう言うのもあれですが
ビスが長すぎる分にはスタビキャップ・ゴムリングなどをつければ
レギュレーションにも引っかからず
場合によってはそっちの方が見栄えが良かったりもするので
わざわざ手間をかけて加工する必要はないかもしれません(笑)
どうしても長さが邪魔になる時に上記の方法を活用しただければ幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。