改造

MAシャーシ 電池落とし方法紹介

今回はMAシャーシの電池落とし方法の紹介をしていきます。

まず電池落とし加工の効果ですが、
電池の位置が通常時よりも少し下がることにより
マシン全体の重心が下がり安定性が増すことと
MAシャーシは未改造のままだと電池が取り外しづらく
それも解消されること、そして軽量化もできるとメリットばかりです。

加工前後の比較画像です。


一目瞭然!とまではいかないものの
電池がしっかり落ちているのがわかります。
今回はこの状態にする方法を説明していきます。

まずどこを削れば電池落としができるのかということですが
下の画像の白いマスキングテープ(2mm幅)を貼った部分で
電池を支えるようにすると電池落としが可能になります。

このマスキングテープを貼っている箇所の幅を
狭くすることでより電池が落ちるようになります。
適切な幅は特にないと思うのですが
下げすぎてシャーシから電池がはみ出すと
電池が直接 地面にこすれそうな感じもしますし
電池を支える箇所の強度の心配もあったので
3mm程の幅を残すように加工をしようと思います。

そしてこの箇所は縦一列全部残す必要もなく
両端か中央のどちらかを残せばOKです。

加工パターン1(両端残し)

加工パターン2(中央残し)

私はどちらを残すか迷ったので
一旦、縦一列まるまる残した形で加工をしてみました。

まず削る箇所を分かりやすくするように
マジックで印をつけます。


次にその印をつけた箇所にドリルで片っ端から穴をあけていきます。
ドリル刃は1.5mを使うとあけやすいと思います。


次にニッパーで穴を繋げながら切り落とします。
当然ながらどのニッパーでも切断できますが
タミヤの薄刃ニッパーだと1.5mm穴に刃がピッタリ入り
相性がいいのでお勧めです。


あとはできるだけニッパーで切れるところはニッパーを使い
細かいところはリューターで削る形が良いと思います。

それと具体的にどこを削ると良いのかという説明が難しく
実際に電池を入れてみて想定している箇所で電池を支えているかを確認し
他の箇所で支えているようならその箇所を削り
また電池を入れ確認を繰り返していくのが良いです。
私はひたすらに 削る→電池での確認→削る を繰り返しました。

そして残す箇所については考えに考え抜いた結果
両端及び真ん中の両方残すことにしました(笑)


最初は両端だけ残そうと思ったんですが
両端に負担がかかって万が一損傷してしまうの防ぐため
真ん中にも支えを残して負荷分散しようと思った次第です。
こうしてみたもののやっぱり真ん中の部分は必要ないかなーと思ってます。










もっと綺麗な仕上がりになると思っていたんですが
想像とは全然違う汚い仕上がりになってしまいました…(笑)

途中、出っ張りを無くそうと思ってリューターかけたら
逆にかけすぎて凹んでしまうところもあったりと散々な結果ですが
なんとか電池落としを目的とした役割はしてくれます。

ただ、これで電池落としは完了ではなく
仕上げに電池周りのパーツを取り付け最終確認をします。

電池の位置が下がってしまったために
電池ホルダーの所に隙間ができてしまってます。


それとモーターカバーの箇所も同様に。

隙間を無くすために
電池と接触させる箇所にブレーキスポンジを付けます。



これでもう一度接触具合を確認します。




隙間が埋まっていることが分かります。
最初は3mm厚のブレーキスポンジを付けようと思ったんですが
手持ちで3mm厚のスポンジがなく、代わりにブレーキステーに付属している
ブレーキスポンジの赤2mm厚を付けてみました。

2mm厚で大丈夫か心配だったんですが
この状態でしばらく走行させ、コースアウトなどの激しい衝撃受けながらも
電源が止まったり、電池がずれるということもなかったので
2mm厚で問題ないと思いますが、心配であれば3mm厚がいいと思います。

それと電池落とし加工の際に
電池の+-の向きが表記された部分をカットしたため
このままだと向きが分からなくなるので
マジックで+-を書いておけば電池の向きも一目瞭然かと。


私はいつまで経っても電池の向きが覚えられないので
こうしないと電池の向きがわかりません…(笑)

電池落とし方法の説明は以上となります。
加工工程の途中は結構端折ってしまいましたが
ドリルで穴をあけた箇所をニッパーで切り落としてから
最終形に仕上げるまでが予想以上に時間がかかりました。

削らなくてもいい所まで削った感はありますが
これだけ削っても強度的には問題ありませんので
電池落とし作業をする際に参考にして頂ければ幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。