改造

リヤATバンパーType3(MAシャーシ)作り方紹介 -作成編-

前回はMAシャーシ用のリヤATバンパーType3作成に
必要なパーツ・工具を紹介しました。
今回は作成方法を紹介します。

完成形はこんな感じになります。


作業の流れとしては
①シャーシの加工
②各パーツの加工
③組立(各パーツの結合)
となります。

シャーシの加工

シャーシにリヤATバンパーをつけるための加工をしていきます。


今回はこの黒丸の穴を使用するので
それより上の不要な部分はカットしてきます。
シャーシのカットには「薄刃クラフトのこ」が適しているんですが
私はそれを持っていなかったので、私の場合は
リューターのダイヤモンドカッターで切断しました。
ただ凹凸が結構多い箇所なのでリューターだと正直やりづらかったです…
ニッパーで地道に切っていくのもありかと思います。


この状態でシャーシ加工完成と言いたいところなんですが
突起しているところがあり少々危険であったり
見た目も今一なので穴はしっかり残した形で
穴周辺をニッパーやリューターを使い削っていきます。





仕上がりがそれほど綺麗ではありませんが
ほとんど見えない部分ということでOKとしましょう(笑)

これでシャーシの加工は終了です。

各パーツの加工

まずはFRPリヤブレーキステー(以下 ブレーキステー)の加工です。

ブレーキステーは既存の穴に皿ビス加工をしていきます。


今回は白丸の箇所に皿ビスを取り付けるので
リューターの皿ビス加工用ビットを使用し皿ビス加工をしていきます。

それと外側もカットしてきます。


外側のカットについては
フロントアンダーガードを使用しない方法であれば
そのままの状態でも干渉することもないので
カットしなくてもOKです。

これでブレーキステーの加工は完了です。

次はFRPマルチワイドリヤステー(以下 マルチワイドリヤステー)の加工です。


マルチワイドリヤステーはプレートの土台として使用し
既存穴の拡張・皿ビス加工を行います。

まずは穴の拡張ですが、上画像の黄色丸の穴に
直径約3mmのアルミローラー用パイプを通せるようにします。
穴拡張は3.1mm刃のドリルが理想ですが
3.1mmがない場合は3mmでも構いません。
ただし3mmで穴を開けるとアルミローラー用パイプが
ぎりぎり通らないので3mmドリル刃を通したあとに
円柱状のリュータービットで穴を拡張させます。


また、ドリルをかけた際に拡張穴の周りに出っ張りができ
そのまま放置してしまうとステーが不安定になってしまうので
出っ張りができてしまった場合はニッパーで切り取りとったり
ヤスリで擦ったりして出っ張りをなくすようにします。

次に皿ビス加工ですが
こちらはフロントワイドステーと結合させるための加工となり
結合に関しては2箇所の穴の加工で十分なんですが
プレート取付位置の拡張性を持たせるため4箇所加工していきます。


穴拡張・皿ビス加工が終わったら不要な部分をカットしていきます。


拡張させた穴については
ATバンパーの可動をスムーズにさせるために
円柱状のリュータービットを左右に傾かせ
左右の穴拡張をおこないます。




また、リヤ側のバンパーについては
コースアウト防止のためにアッパースラストも有効ということで
リヤバンパーの前側が少し上がるように
これも円柱状のリュータービットで
下の画像のように拡張させるとよいかもしれません。


リヤ側のアッパースラストが有効な理由についての詳細は省略しますが
リヤ側バンパーのアッパースラストによりリヤが上がる
→強制的にフロントが沈みコースアウトしづらくなる という理論らしいです。

どのくらい削るかは説明が難しいんですが
まずはほんの少しだけ削ってみて
あとは組み立て後に実際の動作を確認して
ATバンパーの可動が今一だったら再度 穴を拡張するのが良いと思います。

これでマルチワイドリヤステーの加工は完了です。

続いてはFRPフロントワイドステー(以下 フロントステー

フロントステーは引っ掛かり防止対策の加工のみとなり
フロントアンダーガードを使用した加工方法は
リヤATバンパーType1(MAシャーシ)作り方紹介 -作成編-
リヤATバンパーType2(MAシャーシ)作り方紹介 -作成編-を参照し
フロントアンダーガードを使用しない加工方法は
引っ掛かり防止ステー作成方法の紹介をご参照ください。

また、このパーツについては
マルチワイドリヤステーの以下の穴と合致すれば
フロントワイドステー以外のプレートでも代用可能となります。


例えばカーボンフロントワイドステーであったり


マルチ補強プレートであったり


という具合に、ほぼすべてのプレートが結合可能と
言っても過言ではないぐらいどれにでも対応できます。

組立(各パーツの結合)

最後にこれまで加工してきたパーツを結合してきます。

まずはフロントステーにローラーを取り付けます。
ローラーサイズ・数・高さなどはお好みで構いません。


プレートを上下段に設置してより強固にしたい場合は
過去の記事のリヤATバンパーType1Type2で紹介しているので
興味があれば参考にしてみてください。

尚、ローラー取付は最初にやらなくても
この後に実施するプレート結合後
もしくは一番最後でも取付可能なので
後回しにしても問題ありません。

次にマルチワイドリヤステーとフロントステーを結合させます。
結合させる穴は上記で4箇所皿ビス加工したうちの2つを使用しますが
穴の位置やプレートの向きを変えると同じプレートでも
以下の画像のようにローラーベースを変更することができます。






これはレースのシーンに合わせてお好みの位置に調整しましょう。
とりあえず今回はローラーベース短めのパターンで説明していきます。


マルチワイドリヤステーの皿ビス加工した面を地面側にして
皿ビスとロックナットでプレートを固定します。
※使用する皿ビスは6mmがベストです。



次に皿ビスを使ってブレーキステーをシャーシに取り付けます。
皿ビスの長さは特に決まってませんが
8mmぐらいが短すぎず長すぎずでベストかと思われます。


ブレーキステーを固定したら
ATバンパー可動部分用の皿ビスをセットしますが
ここで使用する皿ビスの長さについては
最終的にスプリング部分の固さ調整により適切な長さが決まるため
一概に何mmの長さのものがいいとは決まっていないので
一旦はどのパターンでも対応できる20mmの皿ビスを用意し
もう一つの皿ビス加工穴に通します。


このままの状態だと皿ビスが落ちてしまうので
ブレーキステーの裏面にマルチテープ等を貼り
ビスが落ちないように仮固定します。

その仮固定した皿ビスに
2段アルミローラー用5mmパイプ(以下 金パイプ)を
左右2個づつ取り付けます。


金パイプを付けたら
マルチワイドリヤステーの拡張した穴を金パイプに通します。


そして金パイプの箇所にスプリングをつけ
その上にメタル軸受けをのせます。


最後にロックナットで固定するんですが
一旦工具を使わずに浅めで構わないので
手でロックナットを締めていきます。
ロックナットを軽く締めたら
皿ビスを仮止めしているブレーキステー裏側のテープを剥がし
プラスドライバーとボックスドライバーで
がっちりロックナットを締めます。

ロックナットを締めたあとに
ビスの長さが余り出っ張ってしまった場合は
スタビキャップやゴムパイプでカバーして組立完了です。





動作確認としてATバンパーの可動を確認していきます。


コースに乗り上げた際のリヤATバンパーの動作については
効きが悪い場合はマルチワイドリヤステーの金パイプを通す穴の左右の箇所が
狭い可能性もあるのでリューターを使っての穴の左右の拡張
もしくはグリスをつけるとスムーズになるので
ご自分の納得がいく可動になるよう最終調整をしましょう。

またスプリングの固さによってATバンパーの効き具合が変わってくるので
自分の好みの可動になるスプリングを選びましょう。

スプリングを変えてもバンパーがぐらつくという場合は
スプリングの長さによる圧力が弱いことが考えれ
金パイプ1個減らし、その代わりに金パイプより短いスペーサーを
入れるとスプリングの圧力が強くなり
バンパーのぐらつきを解消することができます。

例として金パイプ1個と3mmスペーサーの組み合わせに変更します。
※ここでは15mm皿ビスを使用。


スプリングとメタル軸受けを乗せロックナットで固定します。
すると金パイプ2個の時よりも幅が狭まることにより
スプリングの圧力が強くなります。


3mmスペーサーの代わりに1.5mmスペーサーに変え
ロックナットを更に深く締めると
よりスプリングの圧力が強くなりバンパーのぐらつきは更になくなります。
(ATバンパーの効きも変わってくるのでご注意を)

以上を踏まえて最終の皿ビスの長さを決めていきます。
金パイプ左右2個づつ使用するパターンであれば
皿ビスの長さを17mmにすると見た目がスッキリするんですが
皿ビスを削るのは面倒くさいということであれば
20mmビスを使用し、はみ出る部分は
スタビキャップ・ゴムリングなどをつけての対策でも良いです。

皿ビスのカット方法については
ビス・ネジ加工方法紹介」の記事で紹介していますので
よろしければこちらをご参照ください。

以上がリヤATバンパーType3の紹介になります。
以前紹介したType1・Type2のように
マスダンパーを装着していませんが
こちらについてはキャッチャーダンパーでの対応を考えおり
機会があればキャッチャーダンパーの作成方法も
今後紹介したいと思います。
またマシン全長についても以前紹介したフロントATバンパー
セットにした場合でも若干余裕があるのですが
こちらについては地上高が低く状態でも
バンクスルーを可能にするための対策用ブレーキを
設置するために余長を敢えて残しており
こちらも機会があれば作成方法を紹介したいと思います。

リヤATバンパーType3(MAシャーシ)作り方紹介 -準備編-今回はMAシャーシ用のリヤATバンパーの作り方を紹介します。 以前作成したリヤATバンパーType1・Type2をマイナーチェンジ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。