塗装

クリヤーボディ塗装方法の紹介 -後編-

私が実践したクリヤーボディ(ポリカボディ)の塗装について、前回のクリヤーボディ塗装方法紹介 -前編-で1.ボディのカット と 2.ボディの洗浄 が終了したので今回はその続きから説明します。

  1. ボディのカット(前編で説明済み)
  2. ボディの洗浄(前編で説明済み)
  3. ボディへのマスキングテープ貼り
  4. ボディの塗装
  5. ボディのマスキングテープ剥がし

今回説明する工程について、私が実践した塗装は3~5を一回やって終わりではなく、厳密には3~5の工程を数回繰り返し行ったわけなんですが、今回はその一回分の説明をしていきます。

3. ボディへのマスキングテープ貼り

まずマスキングテープ自体の説明ですが、マスキングテープとは塗装の際に塗りたくない箇所に塗料がはみ出て汚さないようにするために貼る保護用テープであり、ボディ全体を同じ色1色で塗りつぶすのであれば不要ですが、2色以上の配色にする場合は必須とも言えるアイテムです。

マスキングテープも様々な種類があり、私がメインで使用しているのはタミヤのマスキングテープ(幅6mm ・10mm)で

塗装する箇所とそうでない箇所の境界線になる所には、さらに細いAIZU社のマスキングテープを使用しています。

ちなみに幅が細いマスキングテープの開封後は幅が細いものだと混在すると幅の確認に手間取るので、私はあらかじめ幅を記載した袋に入れて管理しています。

あと際どい箇所へマスキングテープを貼り付ける際はピンセットが必須とも言えます。

マスキングテープのカットは特に専用の工具を用意する必要はなく、私の場合は市販のハサミで切ってます。

ということで塗装したい箇所を決めたら塗装したくない箇所にひたすらマスキングテープを貼り、ボディへのマスキングテープ貼りは終了です。



マスキングテープで隠れていない所が今回 色を塗りたい箇所となります。

作業自体は非常にシンプルですが、塗装工程の中で個人的に最も苦労したのはこのマスキングテープ貼りです…
間違いなく塗装している時間よりもマスキングテープ貼っている時間の方が長いです…(笑)

4. ボディの塗装

マスキングテープを貼り終えたらメインとなる塗装です。

まず塗装に使う塗料について、クリヤーボディはポリカーボネートという素材を使用しています。
(そのためクリヤーボディをポリカボディとも呼びます)
この素材に適した塗料がポリカーボネート用塗料となり、それがタミヤから販売されているポリカーボネートスプレーとなります。

ではクリヤーボディーへで使用する塗料はポリカーボネートスプレーでなくては駄目なのかというとそうでもなく他の塗料でも塗装は可能です。
しかしポリカボディ用塗料でないと塗料の食いつきが悪くなり少しの衝撃で塗料が剥がれるということがあるので、お勧めはポリカーボネートスプレーになります。

ただポリカーボネートスプレー以外の塗料を使用した際に塗料の食いつきが悪くなることを少しでも防ぐための私なりの対処方もあり、そちらは後ほど説明します。

ということで一旦ポリカーボネートスプレー縛りをなくして、どんな塗料でもいけるという前提で話を進めていきますが、塗装方法は「筆塗り」「缶スプレー」「エアブラシ」の3つに分けられます。

各塗装方法のメリットデメリットなどの詳細は省略しますが私の場合はエアブラシで塗装したのでエアブラシ塗装で話を進めていきます。

今回はシルバーを塗装していき、塗料はガイアノーツのプレミアムミラークロームを使用しました。


余談ですがこのプレミアムミラークロームのシルバーのメッキ感が半端ないです!
価格が他の塗料よりも圧倒的に高いのが欠点ですが…

この塗料をエアブラシにセットして、あとは塗りたい箇所付近にエアブラシを吹き付けていきます。

ちなみに今回紹介した塗装箇所はシルバーの1色のみで完了となりますが、同じ箇所に違う種類の塗料を重ね塗りする場合は通常のプラモ等の塗装とは順番が逆になります。

例えばプラモでメタリックレッド(赤色のメタリック)感を出したいときに下地にシルバーを塗って、その上にクリア系の赤色を塗るとメタリックレッドが再現できます。
クリヤーボディの場合は先にクリア系の赤色を塗って、その上にシルバーを塗り、メタリックレッドを再現していきます。
(重ね塗りについては別の機会でお話しようと思います)

これでシルバーの塗装が完了したんですが、上記でふれたように今回使用したガイアノーツのプレミアムミラークロームはポリカボディ用の塗料ではないため塗料の食いつきが悪く、完全に乾燥した後でも少し触っただけで塗料が落ちてしまいます…

クリヤーボディは基本的に裏面を触る事はないのでこのままでもいいっちゃいいんですが、これだと走行中の衝撃だけでも塗料が落ちかねないので塗料を保護するために私の場合は同じガイアノーツのクリア―を上塗りしました。


ちなみにクリア―の上塗りは全部の色が塗り終わって完全に乾燥させてから実施しました。

これのお陰で手で触って塗料が落ちることはなくなりました。
ただ完全にということではないのでボディに強い衝撃があったり指で強くこすると落ちてしまうこともあるので完全な対処方ではありませんが…

今回、私はガイアノーツの塗料をメインで使ったためにガイアノーツのクリア―で仕上げの上塗りをしましたが、こういう時こそタミヤのポリカーボネートスプレーの透明色であるフラットクリヤーを使うといいかもしれません。
機会があればこの方法も試してみようと思います。

5. ボディのマスキングテープ剥がし

塗装が完了し、あとはマスキングテープを剥がすだけの簡単な作業ですが、剥がすタイミングが重要になってきます。

塗装からマスキングテープ剥がすまで長時間放置してしまうと塗料が完全に乾燥してしまい、塗装した箇所とマスキングテープを貼った境界線箇所の塗料が固まって、マスキングテープを剥がすときにマスキングテープについた塗料と一緒に塗装した箇所も剥がれてしまうことがあるので注意です。

「じゃあ長時間というはどのくらい?」と言われると返答が難しく塗料の種類や乾燥させる環境にもよりけりで剥がすタイミングの正解はないと思うのですが、「ここでの長時間とは1日」と勝手に決めて私の場合は6~12時間ぐらい待ってから、遅くても24時間以内には剥がすようにしています。

あと剥がすときは勢いよく一気に剥がさずゆっくりと丁寧に剥がしましょう。
一気に剥がすと塗料がマスキングテープと一緒に剥がれてしまう可能性があります。

3~5の工程を繰り返し行って塗装が全部完了したら最後にクリヤーボディ表面の保護フィルムを剥がして

全工程終了し塗装作業完了となります。


上の画像は塗装完了直後ではなくしばらく走行させた後の画像であり、コースアウトを繰り返し度重なる衝撃を受けたため、至る所で塗装が汚くなっているところがあり塗装仕上げのクリヤーの上塗りも完全に保護しくれるわけではないことを再認識しました。

ということで2回に分けてクリヤーボディの塗装の紹介をしてきたんですが
メインの塗装の部分については結構省略してしまったのでこのクリヤーボディの塗装の詳細はまた改めて紹介しようと思います。

ちなみに今回紹介したクリヤーボディは個人的にアイアンマンが好きなのでアイアンマンを意識した配色にしました。

クリヤーボディ塗装方法の紹介 -前編-今回は私が実践したクリヤーボディ(ポリカボディ)の塗装方法を紹介していきます。 まずミニ四駆のクリヤーボディはポリカーボネートとい...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。