改造

フロントATバンパー(VZシャーシ)作り方紹介 -作成編 後編-

前回はVZシャーシ用のフロントATバンパーの
ベースパーツ加工まで紹介しました。
今回は完成まで紹介していきます。

もう一度作成作業の流れをおさらいすると
①シャーシの加工
②ベースパーツの加工
③仮組み・調整箇所の加工
④本組み
となり、前回は①②をやったので今回は残りの③④を紹介してきます。

完成形はこんな感じになります。

仮組み・調整箇所の加工

まずは仮組をして調整箇所の確認をし、該当パーツを加工していきます。

ブレーキステーの取付


まず加工したブレーキステーを皿ビス(6mmか8mm)でシャーシに取り付けます。
※6・8mmがなければ10mmでも構いません

ここで一点注意したいのが普通に取り付けた際のブレーキステーの高さです。
以前作成したMAシャーシのフロントATバンパーと比較してVZシャーシに直に取り付けた場合は比較的高い位置にブレーキステーがきて、未加工のスーパーハードの小径タイヤの場合はブレーキステーの位置が地上高約7.6cmとなります。


これによりこの後取り付けるフロントバンパーやローラーなども高い位置になるので、全体的にもっと低い位置に設置したいという場合はスペーサー等を取り付け、高さを調整していきます。


これによりフロントATバンパー全体の高さを低くできるのでスペーサーやワッシャーなどで高さを微調整して、ご自分のマシン構成に適したセッティングをしていきましょう。
(スペーサーを使う場合は皿ビスも適切な長さに変更しましょう)

ちなみに今回の作業手順紹介では1.5mmスペーサーを間に挟んだ状態で進めていきます。

ブレーキステーはこれで本組みとなるのでこのまま取り外さず作業を進めて行きます。

カーボンリヤステーの加工


次は仮組してカーボンリヤステーの最終加工を行います。
まずは、ATバンパー可動部分用の皿ビスをブレーキステーにセットしますが、ここで使用する皿ビスの長さについては最終的にスプリング部分の固さ調整により適切な長さが決まるため一概に何mmの長さのものがいいとは決まっていないので、一旦はどのパターンでも対応できる20mmの皿ビスを用意しブレーキステーの裏面から取り付けます。


このままシャーシを戻すとビスが下に落ちてしまうので一旦裏側にマルチテープ等を貼ってビスを仮固定します。


次にビスにアルミローラー用パイプ(以下 金パイプ)を取り付けます。


そこにカーボンリヤステーの拡張した穴からビスを通します。


ここでカーボンリヤステーはピッタリはまるもののピッタリすぎてほとんど動かすことができないと思います。
このままだとATバンパーとしての機能が果たせなくなりカーボンリヤステーの可動域を増やす必要があるので、金パイプを通す穴を円柱状のリュータービットで斜めに削って可動域を増やしていきます。

まずはATバンパーの効きを良くするために左右斜めに削って若干拡張していきます。




これをもう一つの穴でも同じように左右に削っていきますが削りすぎるとATバンパーがぐらついてしまうのでほんの少しだけリューターをかける感じでOKです。
※どのくらい削っていいのかわからない場合はこの段階では一旦削るのを止めて、本組の時にATバンパーの動作を見ながら調整しても構いません。

次にフロント提灯・ヒクオを取り付けた際にATバンパーが連動して動くようにATバンパーが前方に傾くのを想定して削ります。
※フロント提灯・ヒクオが不要な場合はこの加工は不要かと思われます。


ここも削りすぎるとATバンパーがぐらつくのもそうですが可動域が大きくなりすぎてフロント提灯・ヒクオと連動した時に上に上がりすぎてしまうので、ほんの少しだけリューターをかける感じでOKです。
※こちらも本組の時に確認してから作業でも構いません。

さらにスラスト角をつけた状態でもカーボンリヤステーが問題なく動作することを確認します。


今回新規で作ったスラスト角度調整用の穴にビスやワッシャーなどを使ってスラスト角を調整します。
個々で設定したい角度も変わってくると思うのであくまで一例の紹介となりますが私は5mmトラスビスと大ワッシャー2枚で調整しました。


カーボンリヤステーの裏側に大ワッシャー2枚とトラスビスをつけて表面をロックナットで固定します。


このカーボンリヤステーの傾斜が付いている状態で再度シャーシに取り付け、ピッタリすぎないかと、フロント提灯・ヒクオとの連動動作も問題ないかを確認していきます。


ちなみに上記のビス・ワッシャーの角度調整でスラスト角は約5度となります。

カーボンリヤステーの加工が終わったら一旦カーボンリヤステーを取り外します。

本組み

最後はこれまで加工してきたパーツを結合し
各可動の確認をおこない調整が必要であれば
パーツの最終加工をおこないます。

各パーツの結合

まずはフロントステーにアンダーガードとローラーをつけていきます。
※アンダーガードとローラーの取り付けは最後でも構いません。




次にカーボンリヤステーを下にして皿ビス・ナットを使いフロントステーと結合させます。






尚、私の場合はカーボンリヤステーとフロントステーを結合させている皿ビスにフロント提灯・ヒクオをつけるため長めの皿ビスを使用していますが、両プレートの固定のみであれば短い皿ビスで問題ありません。

※このビス位置に対応したフロント提灯・ヒクオの作成方法は後日紹介します。

フロントステーとアンダーガードを結合させたら今度はシャーシ側の組立ですが仮組の時に20mm皿ビスはセット済みとなっているので、その状態から皿ビスに金パイプを左右2個づつ取り付けます。


先程結合したプレートの拡張した穴を金パイプに通します。


ここでアンダーガードがブレーキステーに干渉しないか確認します。
問題なければ次にスプリングをつけ、その上にメタル軸受けをつけます。
※スプリングの固さによってATバンパーの効き具合も変わってくるので実際に可動させて、適したスプリングを選びましょう。


一旦工具を使わずに手でロックナットをつけていきます。


ロックナットを付けたら、裏面のテープを剥がして
ドライバーとボックスドライバーでロックナットをしっかり固定し
ビスに余長が出た場合はゴムパイプ・ボールスタビキャップ等で
ビス先端部をふさいで完成です。







可動確認

最後にATバンパーの可動を確認していきます。


ATバンパーの前傾動作の際にフロントステーが干渉しないかを再度確認します。
干渉して前傾動作の範囲が狭まるということでしたらフロントステーの干渉部分をリューターで削っていきましょう。


コースに乗り上げた際のATバンパーの動作については基本スプリングを変えながら効きを確認します。
どのスプリングを使っても効きが悪いという場合はリヤフロントステーの金パイプ通す穴の左右の箇所が狭い可能性もあるので「カーボンリヤステーの加工」の所で紹介したリューターを使って穴の左右の拡張もしくはグリスをつけるとスムーズになります。

ATバンパーのぐらつき調整

スプリングを変えてもATバンパーがぐらつくという場合は、スプリング装着箇所自体の高さが長いためにスプリングの圧力が弱まりATバンパーがぐらつく可能性があります。
対応策として金パイプ1個減らし、代わりに金パイプより短いスペーサーを入れるとスプリングの圧力を上げられ、バンパーのぐらつきを解消することができます。

例として金パイプ1個と3mmスペーサーの組み合わせに変更し
※ここでは15mm皿ビスを使用。


スプリングとメタル軸受けを乗せロックナットで固定します。
すると金パイプ2個よりも幅が狭まることによりスプリングの圧力が強くなります。


3mmスペーサーの代わりに1.5mmスペーサーに変えロックナットを更に深く締めるとよりスプリングの圧力が強くなりバンパーのぐらつきは更になくなります。
(ATバンパーの効きも変わってくるのでご注意を)

以上を踏まえて最終の皿ビスの長さを決めていきます。
金パイプ左右2個づつ使用するパターンであれば皿ビスの長さを17mmにすると見た目がスッキリするんですが皿ビスを削るのは面倒くさいということであれば20mmビスを使用し、はみ出る部分はスタビキャップ・ゴムリングなどをつけての対策でも良いです。

皿ビスのカット方法については「ビス・ネジ加工方法紹介」の記事で紹介していますのでよろしければこちらをご参照ください。

最後に

ということでMAシャーシに続きVZシャーシでもフロントATバンパーを作成してみました。

今回作成したフロントATバンパーに対応したフロント提灯・ヒクオの作成方法も後日紹介したいと思います。

フロントATバンパー(VZシャーシ)作り方紹介 -準備編-今回はVZシャーシ用のフロントATバンパーの作り方を紹介します。 これまでMAシャーシのみの改造紹介でしたが以前、デュアルリッジJ...
フロントATバンパー(VZシャーシ)作り方紹介 -作成編 前編-前回はVZシャーシ用のフロントATバンパー作成に必要なパーツ・工具を紹介しました。 今回はVZシャーシ用のフロントATバンパーのベース...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。