改造

ホイールにシャフトを正確に挿す方法紹介

今回は特殊な治具(じぐ)を使わずに基本的な工具類でホイールにシャフトをまっすぐ挿す方法と、楽にホイールからシャフトを抜く方法を紹介します。

ただ最初に言っておくと、今回紹介する方法は必ずしも寸分違わずにまっすぐ差せるというわけではなく、あくまで真っすぐに差しやすいであろうという方法になり、正確無比にシャフトを差したいということであれば
専用治具を使用するのが望ましいと思いますので、過度なご期待せずに読んでいただければ幸いです。

事前準備

まずホイールにシャフトを差す以前に、肝心のホイールとシャフトの形状がおかしければいくらまっすぐに差せても走行中にタイヤの回転がブレてしまいます。
そこで作業の事前準備として、まずはホイールとシャフトについての概要や選定方法を簡単に説明していきます。

ホイールについて

私自身すべてのホイールを取り扱ったことがないため誤解していたら申し訳ないんですが、ホイールの素材は大きく分けるとプラスチック(樹脂)とアルミになります。

まずプラスチック素材ですが標準キットについているものメッキやカーボンなど様々な種類がありますが、これらは同じパーツでも形状が若干異なっていることがあり、いわゆる当たりとハズレのホイールが存在します。


このことから当たりのホイールを選定する必要があるのですが、正直 私はホイールだけ見てどれが当たりかわかりません…(笑)
なので私の場合はホイールをシャフトに挿しタイヤをつけた状態でマシンに仮組しホイールを回転させ、ブレがないかで判断するようにしています。

一方アルミ素材のホイールはプラスチックよりも精度が高くハズレパーツがないとかあるとか…


ただアルミホイールもシャフトを挿す部分のホイールブッシュはプラスチックなので、この形状がおかしければ元も子もなくりましますが、そこはすべて均一に作られいると私は勝手に解釈しています(笑)


上記の事を踏まえれるとホイール回転の精度で言えばアルミを選んだ方が無難ですが、アルミの方が重量があるというデメリットもあるので一概にアルミが良いとは言い切れません。

ただ重量を考慮する必要がない環境(検証やワークマシンでの使用)やマシンバランス等 敢えて重量が必要なケースであれば、より精度が高いアルミホイールを使うのが望ましいと思われます。

シャフトについて

こちらもホーイルと同様に精度が高いものを選別する必要がありますが、個人的にはホイールよりは見分けやすいと思います。


各シャフトの特性については省略させてもらいますがより真っすぐに近い精度で言うと
中空ステンレスシャフト>ノーマルシャフト>ブラック強化シャフト
になるかと思われます。

ブラック強化シャフトについては製品の取扱説明書に「若干ねじれがあります」と書かれており、私が持っているブラック強化シャフトの精度を確認したところ、他の種類のシャフトに比べて曲がっている物が多かったため、精度を求めるなら最初から除外した方がいいかもしれません。


ただし、あくまで私の所有している10数本のブラック強化シャフトしか確認していないので、探せば精度の良いものもあるかもしれません。

とは言え現実的に高精度として考えると中空ステンレスシャフトかノーマルシャフトの2択になり、中空ステンレスシャフトはよく精度が高いと言われているので、純粋にまっすぐを求めるなら中空ステンレスが無難かと思われます。

ちなみに私が所有しているシャフトを見た限りでは中空ステンレスの方が精度が高いものが多かったです。

そしてシャフト精度の確認方法ですが、私的にたどり着いた答えとしてはアルミセッティングボードを使用しての確認です。


まずボードにシャフトを置きます。


※表面だと表記されている文字や線が紛らわしくなるので、私は裏面を使っています。

ボードとシャフトの接点部分が目線の先に来るようにボードを持ち、ボードとシャフトの間に隙間があるようであれば曲がっている事になります。


確認のコツとしては反射部分がギリギリ見えるか見えないかぐらいの目線の位置までボートをあげ、光が差し込んでくる場所にだけ集中します。

尚 シャフトは6角形で6面あるので例えばシャフトの真ん中に隙間があった場合、そのシャフトを180度回転(3回転)させれば今度は両端に隙間ができることになります。
こんな感じで1面だけでなく6面すべて確認していきます。

ここで注意したいのは必ず自分と照明の間にボードがあるようにします。
無理に照明に照らす必要はありませんが照明を背にしてしまうとボードとシャフトの間に隙間があっても、光が差し込まず隙間がわかりづらくなってしまいます。

使用工具について

肝心のホイールにシャフトに挿す方法・抜く方法に入る前にさすがに何も道具なしでの作業は難しく、以下の工具が必要となります。

ドリル、リューター、ピンデバイス等の様々なサイズのビットが取り付けられる工具のどれか一つを用意します。






※各工具に取り付けるビットは不要です。
工具画像はすべてタミヤ製のものを載せていますがタミヤ製である必要はなく、要はコレットチャックがあり、シャフトのサイズ(1.78mm~2mm)に対応しているものであれば何でもOKです。
ただ、個人的にはタミヤ製のものは値段がリーズナブルで且つ精度も良くできているのでおすすめです。


尚 今回は上記工具を本来の目的での使用ではないため、電動工具を使用する場合はあらかじめ電池を外したりと起動しないようにしておきましょう。

それと補助工具としてラジオペンチもあると便利です。


使用方法は後述しますがシャフトが固く挿さっている場合はラジオペンチがないと厳しいかもしまれせん。

シャフトの挿し方・抜き方

ようやく今回の本題に入るわけですが、上記の工具が用意できたら使用したいシャフトとホイールを用意します。

挿し方

まずはシャフトをホイールに挿す方法ですが、シャフトをドリルビットやリュータービットと同じようにコレットチャックにセットします。


セットしたらホイールを平らなところに置いて、なるべく垂直な力を出しやすい持ち方で、あとは真下に押す ただそれだけです(笑)


片方が挿し終わったら下記の方法で一旦ホイールからシャフトを抜いて、反対側のホイールにも同様にシャフトを通してホイールの穴を拡張させて完了です。

抜き方

そしてホイールからシャフトを抜く方法は挿した時と同様に工具にセットしてホイールを引っ張り抜きます。


非常にシンプルな方法ですがこの方法だとシャフトに傷がつきにくくなります。
ラジオペンチでシャフトを掴んで引っ張ると結構傷がついてしまいますがこの方法であれば傷がほとんど付きません。

補足情報

あと補足情報として1つ目はシャフトが6角形なのは当然そうなんですが、ホイールの穴もよく見ると6角形になっています。


※ぱっと見6角形じゃないものも、よーく見ると6角形に(なっていると思います…)

ですので この6角形同士がしっかりとハマるように、なるべく明るいところでやるのがおすすめです。

2つ目の補足情報として抜く時にありがちなんですが、ホイールとシャフトががっちりハマっていると工具側が先に抜けてしまうことが多々あります。

その場合はコレットチャックを固く締める必要がありますが、自分の力ではこれ以上固く締めれないのであればラジオペンチ等で固く締めていきます。


最後の補足情報としてプラスチックのホイールは掴みやすくホイールを外しやすいのですが、アルミホイールの場合だとホイール側だけ先に抜けてホイールブッシュだけがシャフトに残ってしまう場合があります。


ホイールブッシュだけになると掴む所が小さく引っ張りにくく抜きづらくなりますので、手でホイールキャップを掴んでも抜けない場合は、シャフトを工具にセットする前に工具とホイールブッシュの間の所にアルミホイールを取り付けます。


この状態で工具に取り付けあとはアルミホイールを引っ張るとホイールブッシュに引っ掛かり一緒に抜けます。


それかアルミホイールを使わずにホイールブッシュをラジオペンチで掴んで抜く方が楽かもしれません。
この方法だと若干ホイールブッシュに傷がつきますが、ホイールの取付や走行に影響なし部分になりますので、こちらの方法もありかと思います。

最後に

以上がホイールにシャフトを正確に挿す、そして抜く方法の説明となりますがいかがでしたでしょうか。
あまり胸を張って自慢できる方法ではありませんが私はこの方法でかなり楽になりました。

普段からお困りの方は試してみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。