改造

引っ掛かり防止ステー 作成方法 解説

今回はジャンプセクションなどの立体コースに必須とも言える「引っ掛かり防止ステー」の作成方法を解説していきます。

引っ掛かり防止ステーとは

まずは引っ掛かり防止ステーとはどんなものか、そして何故必要かを解説していきます。

引っ掛かり防止ステーとは主にフロント・リヤ部分の底面側に取り付けるステー・プレートのことで、これを取り付けることにより立体コースでマシンがジャンプしマシンの一部がフェンスに乗り上げてしまった際にコースへの復帰を促してくれる効果があります。

ミニ四駆を始めたばかりの人が「引っ掛かり防止ステー」と聞くとピンとこないと思うのですが、要はグレードアップパーツの「フロントアンダーガード」と同じ効果です。



上記のフロントアンダーガードと同じ効果ということであれば、わざわざ引っ掛かり防止ステーを作成せずとも市販されているフロントアンダーガードを使用すればいいのですが、フロントアンダーガードはシャーシのフロントバンパーに装着することを想定して作られているので、元々シャーシについてるバンパーを切断してステーを取り付けた場合やリヤ側にも取り付けたいといった場合にフロントアンダーガードの形が適用しないことが多々あります。

特に多くの人が採用しているATバンパー自体にもコース復帰率を上げる効果があるのですが、そのATバンパーの機能を最大限生かすために引っ掛かり防止ステーは欠かせないアイテムとなっています。

ちなみにATバンパーの「AT」とはAuto Trackの略称で、日本語に訳すとAutoは自動、Trackは経路・追跡になり、ミニ四駆的に訳すと「自動で(コースを)追従する」という意味を表しています。

そして今回はそんなフロントアンダーガードを使用せずにフェンス乗り上げ対策ができる引っ掛かり防止ステーと、フロントアンダーガードに非対応のステーにもフロントアンダーガードを取り付けられるようにする改造方法の2種類を解説していきます。



必要工具

まずは引っ掛かり防止ステーを作るにあたって必要となる工具の紹介ですが、基本的に「各ビスの直径 及び 穴あけ方法」で解説しているビスの直径以上のドリル刃があればOKです。

ただ丁度いいサイズのドリル刃ともなると、実際に手元にないというケースも多いかと思いますので、適切なドリル刃がないという前提で工具を紹介していきます。

ドリル以外を使用した場合のメインとなる工具はリューターになります。


そのリューターで使用するリュータービットはタミヤから販売されているリューター用ビット5本セット皿ビス穴加工ビットとなります。



それと、以下の物は必須ではありませんが、100均のダイソーで買えるダイヤモンドカッターや円筒ビットもあると便利です。



もしリューターがないということでしたら、これを機会にリューター及びビットの購入をお勧めします。
これがあるのとないのでは他の作業効率もかなり変わってきますので持っておいて損がない工具です。

そしてリューター以外にはヤスリ接着剤が必要になります。



ヤスリはステー同士の接着効果を高めるために使用しますが100均で売っている紙ヤスリでも十分で、紙ヤスリの細目は400~600ぐらいが適切と言ったところでしょうか。

接着剤はステー同士の結合で使います。
使用する接着剤は特に指定はありませんがなるべくであれば乾燥まで少し時間がかかる接着剤の方がステー結合作業で慌てることがないのでお勧めです。

各ビスの直径 及び 穴あけ方法

引っ掛かり防止ステー作成方法解説の前に、今回紹介する引っ掛かり防止ステーはフロント・リヤのステーに装着して使用することを想定しており、その引っ掛かり防止ステーにはローラーを取り付けることになり当然ビスも取り付ける必要が出てくるわけですが、そのビスが引っ掛かり防止ステーからはみ出して出っ張っていると、マシンがフェンスに乗り上げた際に その出っ張りがフェンスに引っ掛かり それが原因でコース復帰に失敗する可能性も出てきます。

そうならないためにも引っ掛かり防止ステーには各ビスに適した穴をあける必要があり、適した穴をあけるためにもここでは各ビスの詳細情報とそれぞれのビスに最適な穴あけ方法を解説していきます。

また、ビス用の穴をあけるのであればいちいち各ビス毎に穴の大きさを変えるよりも一番頭が大きいビス用の穴を空けておけば、どのサイズにも対応できるのでは?と思う方もいると思います。

しかしながら無駄に穴が大きいと、穴をあける場所によっては引っ掛かり防止ステーとしての効果が薄れてしまうケースも出てきます。




上の画像はどのビスにも対応できるように一番大きい穴をあけたわけですが、端の部分をかなりギリギリまで削ってしまったので取り付けるビスによってはこの部分に段差ができ、その段差にマシンがフェンスに乗り上がった時に引っ掛かりコース復帰に失敗するといったこともありえるので、できるだけ自分が取り付けるビスに最適な加工をしていきたいところです。

ちなみに以下のビス用の穴あけはステー・プレートを2枚重ねることを前提にしており、1枚だけにビスを通せる穴をあけていきます。
2枚ともビス用の穴をあけてしまうとビスがステー・プレートをすり抜けてしまうので注意しましょう。

鍋ビス 頭直径:約3.22mm


ミニ四駆において最も見かけるビスではないでしょうか。
ステンレス素材のものも販売しており利用している方も多いと思います。

鍋ビスの頭に対応した大きさの穴のあけ方は、既存のビス穴にドリル状ビットを貫通させます。


穴が拡張したところに円柱状の太い方のビットで貫通させます。


ただし円柱状ビットを貫通させた時点ではギリギリ穴が小さいので、円柱状ビットを穴に通した状態でリューターをグルグル回して少しだけ穴を拡張させて完了です。


最初から円柱状ビットで貫通させた方がいいのでは?と思うんですが、穴が小さいと円柱状ビットを真ん中に当てづらく、ドリル状ビットで穴を拡張してからの方が 幾分か真ん中を狙いやすくなるので上記の順番を紹介しました。

このやり方が面倒くさければ穴は少し大きくなりますが、後述するキャップスクリューと同じやり方で穴を空けるのもありです。

ただし鍋ビスについてはこれ単体で使う機会は少なくワッシャーと併用して使うことになると思うので、小ワッシャーを使用した場合の加工方法も説明していきます。

小ワッシャー直径:約4.22mm


小ワッシャーに対応した大きさの穴のあけ方は皿ビス加工用ビットを使います。

本来は皿ビス穴用のビットですが、今回は皿ビス穴加工ではなく皿ビス加工ビットが貫通するまでビットを当て続けステーを貫通させます。
そうすることにより小ワッシャーがピッタリ入るサイズになります。

キャップスクリュー 頭直径:3.82mm


結構こちらを使用する人が多いのではないでしょうか。

キャップスクリューに対応した大きさの穴のあけ方はタミヤ リューター用ビット5本セッのト球体ビットの大きい方を使います。

ビットを当てそのまま貫通させ穴あけて完了です。


穴あけはこれで完了ですがキャップスクリューについては1点注意することがあります。
それはキャップスクリューの頭は他のビスと比べて高さがあり 短い方で約1.9mm、長い方で約2.0mmとなります。


そしてFRP・カーボンプレートの厚さが1.5mmなので、数値だけ見ると0.4~0.5mm程 はみ出てしまい、わずかながらの出っ張りができてしまいます。

※FRP・カーボンプレートの厚さは厳密には1.5mmではなく約1.5mm~1.6mm程の厚さのブレがありますが、どのみちキャップスクリューの頭がはみ出ることには変わりないのでプレート厚の詳細説明については省略します。

わずかな出っ張りはあるものの、実際に壁を想定したプラスチックの上をすべらせても若干引っ掛かる感じはありますが、引っ掛かり防止ステーとしてはしっかり機能してくれるのであまり気にするところではないかもしれません。
ただこのわずかな引っ掛かりでコースアウトするかもしれないと考えるとやはり解消していきたい要素になるのでキャップスクリューの頭の削り方も紹介していきます。

まずスペーサーとプレートを用意します。
(ビス穴があればどのプレートでもOKです)


その用意したプレートにキャップスクリューを通し、スペーサーを取り付けナットで固定します。


あとはプレートを手に持った状態でリューターのダイヤモンドカッターの側面を使い、キャップスクリューの頭を削っていきます。


リューターの扱いに慣れない方はヤスリをつかって削っても構いません。

これでキャップスクリューの頭出っ張り問題も解消です。


トラスビス 頭直径:約4.34mm

こちらは小ワッシャーよりも約0.1mm程大きくなりますが、小ワッシャー同様 皿ビス加工ビットを貫通させて完了です。


ただ、かなりピッタリなのでうまく入らない場合は皿ビス加工ビットを穴に通した状態で回りを少し削って穴を広げていきます。

皿ビス


皿ビスを取り付ける場合は皿ビス加工用ビットを説明書通り使ってもらえばビスはステー内に綺麗に収まるので詳細説明は不要かと。

以上が各ビスの頭の直径とリューターを使用した場合の適した穴のあけ方の紹介となります。

どのビスにでも対応できるようにするのであれば皿ビス加工ビットで貫通させればOKです。

引っ掛かり防止ステーの作成 -ステー編-

ここではステーのみを使用した引っ掛かり防止ステーの作成方法を紹介していきます。

まず使用したいステーと引っ掛かり防止加工用ステーの計2つ用意します。


今回私は余ったパーツを流用しているため、引っ掛かり防止加工する側のステーは両サイドの部分しかありませんが、ステーの強度を考慮した場合はステー加工用のステーも丸々1個用意するのが望ましいと思われます。

ステーを用意したら使用したいローラーサイズとビスを決めて、引っ掛かり防止加工用ステーのローラー取り付け位置の穴を拡張していきます。

端材を用意した場合はタイヤよりも外側の部分にステーがあれば引っ掛かり防止ステーの役割を担ってくれるので、タイヤよりも内側に該当する部分は削っても問題ないです。


※今回は19mmローラーと鍋ビス・小ワッシャーに対応する穴を加工しています。

次に加工したステーと未加工のステーを結合する際に接着をよくするために、それぞれの結合させる面にヤスリがけをしていきます。


ヤスリの細目は400~600ぐらいが適切と言ったところでしょうか。

ヤスリがけが終わったら、布等で細かな削りカスをふき取り、引っ掛かり防止加工用ステー(フェンスに接触する面)にビスを通し、そのステーに接着剤をつけます。

ビスを取り付けるステーは上記とは逆に未加工のステー側からつけても構いませんが、最初にビスを通したすてーに接着剤を付けるようにしましょう。

いずれのステーにもビスを付けずに先に接着剤を付けてからビスを通す方法もありますが、そうするとステー同士を接着させるまでに時間がかかってしまい、最悪接着剤が乾いてしまって しっかりくっつかなかったということにも成りかねませんので、先にビスを取り付けることをおすすめします。

ステーを接着したらできるだけステー間の隙間を無くすようにビスでがっちり固定して接着剤が乾くまで放置しておきます。

接着が完全に完了したら、ビスとナットを外します。
※この時にビスの一部が接着剤でステーとくっついてしまった!という場合はプラスドライバーでビスを回してあげれば簡単にビスを取り外すことができますのでご安心を。

あとはステーがフェンスに乗り上げた際スムーズにコースに戻れるよう、ビス穴加工した側のステー(地面側のステー)の側面に傾斜をつけるようリューターで斜めに削っていきます。





ステーの側面を斜めに削る際に使用するリュータービットは、上記でも紹介したタミヤ製の円柱状ビットが適してますが100均の円筒ビットだとよりサイズが大きく作業がやりやすくなるのでお勧めです。

削り終わったら布等で細かな削りカスをふき取り、ステーの結合箇所とリューターで削った箇所に接着剤をつけステーの強度をあげていきます。

この接着剤でステーの強度があがるものそうなんですがステーの側面をリューターで削った後、FRP素材だと特に削った面がザラザラしており、接着剤をつけることでザラザラからツルツルに変わり、より引っ掛かり防止ステーとしての効果が高まります。

あとはビスとローラーを取り付けて、引っ掛かり防止ステーの完成です。





引っ掛かり防止ステーの作成 -アンダーガード編-

ここではフロントアンダーガード(以下 アンダーガード)を使用した引っ掛かり防止ステーを作成方法を解説していきます。

先程のステー編で使用したステーの端材の代わりにここではグレードアップパーツのアンダーガードをそのまま使用し、これをステーに装着できるように加工してきます。

まずアンダーガードを使用する場合はステー編の時に実施したビス用の穴の拡張は不要なので、どのビスを使用しても基本的に加工方法は変わりません。

ただしキャップスクリューを取り付ける場合に小径タイヤ用アンダーガード(厚さが薄い方のアンダーガード)を使用すると、取り付け位置によってはキャップスクリューの頭がはみ出てしまうので その場合はキャップスクリューの頭の部分を削る必要があります。

そして、アンダーガードを使用する際のポイントは両サイドのアンダーガードをそれぞれ2つ以上ビスでステーと固定することです。

1つのビスだけでアンダーガードを固定することも可能ではありますが、そうなると走行中にアンダーガードがズレてしまう可能性もあるので、そうならないためにも片サイドで2つのビス止めをしておきたいところです。

また、今回はFRPフロントワイドステー(以下 フロントステー)に13mmローラーを付ける想定でアンダーガードの加工方法を解説していくので、他のステーや違う幅のローラーを使用する場合は、一部加工方法が異なってきますが、根本的な加工手順はステーやローラー幅が変わっても流用できます。

それでは作成方法を解説していきます。

フロントステー側は実際に取り付けるローラーの穴を使用し、アンダーガード側は引っ掛かり防止ステーとしてしっかり機能してくれる位置になるようにアンダーガードの穴を選んでビスとナットでアンダーガードを固定します。


※今回は13mmローラーを使用する前提で解説します。

そして今回使用するフロントステーにアンダーガードを固定させる際にフロントステーとアンダーガードの穴がうまくマッチしません。

そこでアンダーガードをしっかり固定させるためにフロントステー側に追加の穴をあける必要があるので、アンダーガードの最終位置を決め、フロントステーに追加する穴の位置を決めていきます。

アンダーガードの位置については上過ぎるとマシン全長に影響したり 下過ぎるとタイヤに干渉するので注意しましょう。

そしてフロントステーにはすでに既存の穴が複数あるので、その穴に被らない位置でフロントステーに追加穴をあける必要があるのと、アンダーガード側は後ほど他のパーツと干渉する部分を切り落とす必要があるので、アンダーガードが残る部分でフロントステーの追加穴の位置を探していきます。


今回はアンダーガードの黄色丸の既存穴の箇所に穴を追加するのでアンダーガードを穴開けのガイドにして、フロントステーに2mmドリル刃を使用して穴をあけます。

また、黄色丸以外の場所に穴を追加する場合は、一番中央に近い穴は後ほどアンダーガードの加工の際にカット対象となるため、それ以外の穴を使用しましょう。

追加穴ができたら、そのままアンダーガードの加工をするので一旦仮で装着予定の別パーツを取り付けます。


結合させる別パーツは本来アンダーガード側の面に取り付けますが、その通りつけてしまうと互いのパーツが干渉してしまい別パーツが付けれないので別パーツはアンダーガードの反対面に取り付けます。


取り付けた別パーツとアンダーガードの干渉部分を確認してマジックなどのでカットするラインをつけていきます。


カットする目印をつけたら、アンダーガードを取り外して不要な部分をリューターなどで切り落とします。


上画像のように切断箇所は結構荒くなってしまってもアンダーガードとして使用するのはタイヤよりも外側の部分であり、最終的には下に設置してほとんど見えなくなるので雑でも良いかと(笑)

アンダーガードの加工が終わったらビスやナットでフロントステー・ローラー類を固定して完了です。





どうしてもビス2点で固定できない場合は接着剤を使用する

今回の加工では無事にアンダーガードをビス2点でしっかり固定できたのですが、使用するステーによっては適切な追加の穴が作れず、アンダーガードをビス1点で固定せざる得ないこともありえます。

そういった場合はビス2点止めはあきらめて「1点止め+接着剤で固定」という方法を取るのが望ましいと思います。

接着剤の固定方法はステー編で解説した方法と同じように接着する面それぞれをヤスリがけして、事前にステーかアンダーガードのどちらかにビスを通した状態から、ビスを通した方に接着剤を付けて双方をしっかりとくっつけていきましょう。

最後に

以上が引っ掛かり防止ステー 作成方法の解説となります。

昨今のミニ四駆コースではジャンプセクションがある立体コースが当たり前となり、その立体コースを攻略する上でもATバンパーが重宝し、そのATバンパーに欠かせないのが引っ掛かり防止ステーになります。

ATバンパーの作成方法については本サイトの別の記事で紹介していますが、引っ掛かり防止ステーの作成に比べて用意するパーツや作業工程が多くなるので、比較的作成には手間がかかってしまうのでミニ四駆を始めたばかりの方だと少し難しいかもしれません。

ただ引っ掛かり防止ステーだけであれば作成するのも比較的に楽なので、ATバンパーはまだ作るのは難しいという方はとりあえず引っ掛かり防止ステーだけでも作成してみてはいかがでしょうか。

また、引っ掛かり防止ステーの形は様々あり、今回紹介したステーと結合した形ではなく、ステーとは分離させてシャーシにセットしたりする形もあるので、本記事を参考にして頂き自分のマシンにあった引っ掛かり防止ステーを作ってみてはいかがでしょうか。

フロントATバンパー(VZシャーシ)作り方紹介 -作成編-前回はVZシャーシ用のフロントATバンパー作成に必要なパーツ・工具を紹介しました。 今回はVZシャーシ用のフロントATバンパーのベース...
フロントATバンパー(MAシャーシ)作り方紹介 -作成編-前回はMAシャーシ用のフロントATバンパー作成に必要なパーツ・工具を紹介しました。 今回はMAシャーシ用のフロントATバンパーのベース...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。