パーツ

セリア フタがとまるケースS レビュー

100円ショップ「セリア」で販売している「フタがとまるケース」が
ミニ四駆収納にもってこいと巷で評判だったので購入しました。

ちなみに「セリア」のみでの販売かと思っていたんですが
「Can Do(キャンドゥ)」でも販売しているのを確認しました。


今回「フタがとまるケース(S)」を購入したんですが
噂ではこのケースのサイズが
タミヤ公認レースの規約マシンサイズと同じということで
さっそく噂通りのものかを検証するために
タミヤ公認レースの規約サイズギリギリのマシンを用意し
まずはミニ四駆ベーシックボックスに入れて念のためマシン寸法の確認です。

一見すると箱にピッタリ収まっているように見えますが
全長(横幅)が1mm程オーバーしているために無理やり押し込んだ形になってます…

ちなみにベーシックボックスの側面には規約サイズが記載されており
ベーシックボックスの横(全長)・縦(最大幅)の幅は
規約サイズと同じ寸法になっています。

そして規約サイズギリギリ(ちょっとオーバーしてますが…)の
マシンを「フタがとまるケース」に入れたところ


すっぽり綺麗に入りました♪
全長は1mm程オーバーしていたもののまだ少しだけ余裕がある感じです。

ということで規約サイズ内に収めていれば
このケースに収納できることが分かったんですが
具体的なケースのサイズが気になり確認したところ
まずこのケースの入り口に枠があり
ケースの中の最大寸法箇所よりも若干狭くなっていて
その枠の内寸が縦:約106mm、横:約166mmとなっています。


ケースの形も真四角ではなく台形状となっており
上から下へ行くにつれて少しずつサイズが小さくなり
縦(最大幅)の内寸が約108mm~105mm

横(全長)の内寸が約168mm~165mmとなっています。

上記のことからほぼ規約サイズピッタリと言っても過言ではないんですが
厳密には規約サイズ ジャストではないので
車検用に使用できないものの、規約サイズの最低ラインの確認として
そしてマシンの保管・持ち運び用として使用できる優れものです。

ただ、フタがとまるケース(S)には一つ欠点があって
全高の規約サイズ70mmは満たしていません…


ケースの高さを図ってみると蓋を閉めた状態で
約48mmとなるので、これ以上の高さのマシンだと蓋を閉める事ができません。

ただしこれは「フタがとまるケース(S)」に限った話で
同じセリアで扱っている「フタがとまるケース(M)」であれば
Sサイズの倍の高さがあるため全高規約サイズの70mmも楽々クリアです♪

とにかくミニ四駆と相性抜群の商品で
OEMとしてこのケースにタミヤのロゴをつけて
タミヤから発売されても違和感がないくらいです(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。