バッテリー

【充電器】iSDT Smart Charger C4 レビュー -前編-

これまで2つの充電器を紹介してきましたが、より高機能な充電器を探した求めた結果iSDT Smart Charger C4が該当し購入したので、今回はiSDT Smart Charger C4のレビューを。

外観・同梱品

いつものようにエネループ充電器との大きさ比較。

ほぼエネループ充電器と同じサイズで、エネループ充電器の後ろに置くと少しだけはみ出る感じです。

付属品は以下となります。

・充電器本体
・ACアダプター
・取扱説明書(日本語表記あり)
・液晶保護フィルム
・シール

カラー液晶だからの配慮ということなんでしょうか液晶保護フィルム付きです。
おまけにシールも付いていてミニ四駆のボディに貼ったらスポンサー感がだせますね(笑)

そして開封直後には気づかなかったんですがいざ起動しようと思いACアダプタを手に取った時に違和感が…
よーく見ると電源プラグがCタイプということで電源コンセントの形状が合いませんでした…

そこでCタイプからAタイプへの変換アダプタを追加購入。



これで無事起動できました。

本体の側面は付属のACアダプタ用端子とUSB充電ポート、マイクロUSBポート(Type-B)、ファンがあります。

USB充電ポートで接続機器の充電が可能となりマイクロUSBポートはパソコンとの本機のアップデートポートで、もしかしたらこのマイクロUSBポートから本機を起動できるのではないかと思って、試しに出力5.2V=2.5AのACアダプタを接続したんですがやはり起動できませんでした…

製品仕様

対応言語

本機iSDT Smart Charger C4について並行輸入品と日本正規品の2種類があるらしく、外見についてはまったく同じみたいなんですが、日本正規品のみメニュー表示言語が日本語に対応しているとのこと。

値段は並行輸入品の方が安かったので、私は日本語表示なし前提で並行輸入品を購入したのですが取説を見ると日本語での画面表示が…

もしや日本正規品なのでは!?と期待しつつ言語設定を見たら


やはり対応していなかったです…(笑)
まー英語表記も慣れの問題なので少し操作しているとすぐに慣れてきます。
でもやっぱりバージョンアップで設定言語に日本語も追加してくれると嬉しいです(笑)

対応電池

電池は単3で最大4本同時にセット可能で

単4は最大2本となります。

機能紹介 -前編-

次はiSDT Smart Charger C4の機能を紹介していきます。

基本設定

これまでの紹介してきた充電器とは違って言語設定、操作音のボリューム(音無し設定も出来ます)、バックライトの明るさ など基本設定の変更が可能です。

各モード

本機は以下の6モードが利用可能です。


・Charge
・Discharge
・Storage
・Cycle
・Analysis
・Activation

Charge(充電モード)

充電電流は、0.1A(100mA)~2A(2000mA)の範囲で0.1A(100mA)単位で選択可能です。

さらには裏技としてバッテリー選択で「Eneloop」を選択すると

3A(3000mA)まで選択可能となります。

他のモードの充電電流も同様にバッテリー選択で「Eneloop」を選択すると3Aまでいけます。

Discharge(放電モード)

放電電流は、0.1A(100mA)~1.5A(1500mA)の範囲で0.1A(100mA)単位で選択可能です。

こちらはバッテリー選択で「Eneloop」を選択してもMAXは1.5A止まりとなります。

Storage(保管モード)

取説によると保管モードとのことで「バッテリー種別ごとの保管電圧を自動的に表示し、バッテリーを長期間使用しない場合に行います」という記載があり、本機でもそのモードの選択項目はあるんですが何故だかStorageモードが選択できないためこのモードの使用ができませんでした…(私のだけ?!)
まーこのモードが目的で購入したわけではないので、このモードのことは忘れることにしました(笑)

Cycle(サイクルモード)

指定した回数の充電→放電→充電を繰り返すモードです
充電電流は0.1A~2Aの範囲で0.1A単位で、放電電流は0.1A~1.5Aの範囲で0.1A単位で選択可能で、それぞれ個別で電流設定が可能です。
(こちらもバッテリー選択で「Eneloop」を選択すると充電電流を3Aまで設定可能です)

サイクル回数は1~66まで選択可能です。
さすがにMAX66回は使用することはないと思うのですがかなり豊富な選択肢です。

ちなみにこれが電池の育成に最適と思いきや、このあと紹介する二つのモードの方がより適切みたいなので、このモードを使用することはないかなーと思ったものの
サイクル回数を多く選択できるのはCycleのみなので一度の多くの充放電を繰り返したい場合はこのモード一択で。

Analyze(アナライズモード)

充電→放電→充電の いわゆるリフレッシュ機能かと。

公式サイトによると「新品購入したバッテリーのブレークインや長期間使用していなかったバッテリーを活性化させ充電容量などの回復・向上を行います」ということで、このモードを本機でメインに使っていくことになるのかなーと思っていたものの、この次に紹介するActivationも似ている機能でどっちをメインで?と迷い、結果Analyze・Activationの2枚看板で使用することにしました。

充電・放電電流の設定はCycleと同様に個別で電流の選択が可能です。

Activation(アクティブモード)

放電→充電を3セット繰り返すモードで一見すると上のCycleと同じに思えるんですが、公式サイトによると「電圧が無くなったバッテリーに緻密に制御された電流を通すことでバッテリー電圧の復旧を試みるモード」とのことです。
結構使い古した電池で使用するモードなのかなーと思っていたんですが、調べてみるとメモリー効果の起きた電池のリセット目的でも使えるとか電圧の下降具合を抑えるように調整してくれるなど、ざっくり言うと電池の性能を上げてくれるモードみたいです。

巷ではこれを「ブレークイン」と呼ぶみたいで電池育成の手順として購入直後にこのモード(Activation)を実施しその後はAnalyzeをメインで実施し、ある程度の期間が経過したら、またActivationを使用するようにしようと思います。

充電・放電電流の設定はCycleと同様に個別で電流の選択が可能です。

以上が本機の各モードとなりますが、AnalyzeとActivationの違いが今一理解できてなく、はっきりとこの使い方が正しい!と断言できないんですが、私の場合は電池購入後にActivationを1回実施してその後、Analyzeという流れで使用しています。

ということでiSDT Smart Charger C4の機能説明までしてきましたが、充電器利用中の電池ステータスの確認や総評については後編で紹介したいと思います。

【充電器】iSDT Smart Charger C4 レビュー -後編-前回はiSDT Smart Charger C4の外観・同梱品・仕様・各モードの説明をしたので、今回はその続きの各モード使用中の電池状態...
【充電器】iSDT Smart Charger C4 -バージョンアップ-今回は以前紹介した充電器 iSDT Smart Charger C4 のバージョンアップのお話です。 充電器にしては珍しくバージョ...
【充電器】iSDT Smart Charger C4 -バージョンアップ方法 改訂版-以前、充電器iSDT Smart Charger C4 バージョンアップのお話の中で、ファームウェアアップデート方法も紹介しましたが、2...
電池(ネオチャンプ)についての考察ミニ四駆を走らせるために必要不可欠な単3電池。 普通に走らせるだけであれば、どの単3電池使おうが問題ないんですが、公式大会ではタミヤ製...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。