検証・考察

MSシャーシ ギヤカバーの簡単外し方

今回はMSシャーシのギヤカバー(モーターカバー)の簡単な外し方を紹介していきます。

MSシャーシのギヤカバーの取り外しが固くて非常にやりづらい…と思っている方と多い?と思うのですが成人男性でも苦戦してるので、これが子供だったらもっと大変じゃないかと思う事も多々あります。
(単に私が非力なだけかもしれませんが…)

そんな小さいミニ四レーサーでも簡単にギヤカバーを取り外せる方法を紹介していきます。

ギヤカバーの付け方

まずはMSシャーシのギヤカバー付け方を紹介していきます。

ギヤカバーの付け方については取扱説明書でも記載されているので説明不要かとは思いますが、外し方を知る前にまずは取付方法をおさらいしていこうかと。

ギヤカバーのリヤ側の出っ張りをMSシャーシのリヤ側のくぼみにはめ込みます。



ギヤカバーのリヤ側のはめ込みが完了したら、ギヤカバーのフロント側を上から押し込み

MSシャーシ フロント側のくぼみにはめ込んで、ギヤカバー取付完了です。

ギヤカバーの通常の外し方

簡単な外し方を解説する前に、通常のギヤカバーの取り外し方を解説していきます。

MSシャーシの取扱説明書にはギヤカバーの付け方は載っているものの、取り外し方が載っていません。

ただミニ四駆の組み立ては基本的に取り付けの逆手順が取り外しになり、例えば取り付けでA→B→Cの作業手順だった場合は、取り外しはC→B→Aの順番で作業を行えば外せるので、その法則さえ分かっていれば説明書なしで取り外しも可能で、これについてはMSシャーシのギヤカバーも例外ではなく先程解説したギヤカバーの付け方の逆の手順を行えば外せます。

しかしMSシャーシのギヤカバーについては取り外す際に一部固い箇所があり、本当に取り付けの逆手順であっているのか不安になるところがあります。

そういったことも踏まえ まずは通常のギヤカバーの取り外し方法を解説していきます。

※以下の画像はモーターを取り付けた状態で実施していますが、まずはモーターを取り付けずMSシャーシとギヤカバーだけの状態で取り外しの確認をすることをおすすめします。

ギヤカバー フロント側のツメの部分を両指でリヤ側に押して、ギヤカバーのフロント側を取り外します。

※押し方のコツは上の画像の矢印の向きのようにリヤ側に押しながら天井に向かっても押していきます。

フロント側の取り外しが完了したら、ギヤカバー中央部を持ってフロント側に引っ張ります。

リヤ側を外して取り外し完了です。

見ての通り やり方は非常にシンプルで、モーターを取り付けていなければ力がない方でも簡単にギヤカバー取り外すことができます。

しかしながらモーターを取り付けた途端、MSシャーシ全体が固くなるため、ギヤカバーの取り外しが非常に困難になり、指で取り外そうとしようものなら固くて固くて、とても取り外せる気がしません…

ギヤカバーの簡単外し方

ここでは力がない人でも簡単にギヤカバーを取り外せる方法を解説していきます。

バッテリーホルダーを使って外す

まずはMSシャーシのバッテリーホルダーを用意します。

バッテリーホルダーをギヤカバーのフロント側に取り付けます。

バッテリーホルダーの左右どちらか片側をリヤ側の方に引っ張りつつ 天井に引っ張り、ギヤカバーの片側をシャーシから取り外します。

片側外したら もう片側も同じように引っ張り シャーシから取り外します。

※このバッテリーホルダーを引っ張る順番は左側・右側(リヤ側からフロント側を見た時の向き)のどちらでも構わないので自分のやり易い方から外していきましょう。

ギヤカバーのフロント側を取り外したら、後は通常の外し方と一緒で ギヤカバー中央部を持ってフロント側に引っ張ります。

リヤ側を外して取り外し完了です。

このバッテリーカバーを使った外し方なら力がない方でも楽に外せるようになり、非常におすすめの方法となります。

簡易スパナを使って外す

続いては簡易スパナを使用してギヤカバーを簡単に取り外す方法を紹介します。


※簡易スパナは一部のグレードアップパーツに付属しており、単品での販売はありません。

ただ以下の取り外し方法はバッテリーホルダーを使用する方法よりも若干力が必要になるので、バッテリーホルダーがあれば上の方法を推奨します。

どうしても手元にバッテリーホルダーがなく、たまたま簡易スパナが手元にあるという時ぐらいしか実践しなさそうですが、念のため解説しておきます。

簡易スパナの先端箇所をギヤカバー フロント側のツメの下にあて、リヤ側の方に押しつつ 天井に押し、ギヤカバーの片側をシャーシから取り外します。

片側外したら もう片側も同じように押し シャーシから取り外します。

ギヤカバーのフロント側を取り外したら、後はこれまで紹介した取り外し方と同じようにリヤ側を取り外して完了です。

最後に

いかがでしたでしょうか。

私自身、最近MSフレキの作成に調整して初めてMSシャーシを使ってみたんですが、ギヤカバーを付けたはいいものの取り外しが固くその時は工具を使って結構無理やり外せました。

取り外せたものの本当にこの手順であっているのか不安になり、色々調べたんですが簡単な取り外し方はおろか取り外し手順すら見つからずかなり困りました。
(単純に当たり前のことすぎて誰も取り上げていなかっただけかと思いますが(笑))

そんな私と同じように困っている方の役に立てればと思い本記事を書いた次第で、特に最近ミニ四駆を始めた子供たちのお役に立てれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。