コース・大会

ミニ四駆コース 比較・選び方

今回は現在市販されているミニ四駆のコース(サーキット)の各特徴を説明し比較しながら どれを買うのが適切なのかを紹介していきます。

尚、今回はタミヤから販売されているミニ四駆コースを紹介していきますので、現在ミニ四駆コースの購入を検討している・ミニ四駆コースに興味がある方は本記事を参考にして頂ければと思います。

コースの必要性

ミニ四駆はモーターを搭載し走行できることから走らせることが遊び方の主体となっているホビーです。

ミニ四駆の遊び方は走らせるだけでなく、マシンを作り・改造を楽しむことも遊び方の一つですし、塗装・デコレーションしてお気に入りマシンを作って飾ったりするのも遊び方の一つです。

走らせるにしてもスピードを競ったり、外で走らせたり、マシン同士で激突させたりするなど様々な遊び方があります。
※過去に「クラッシュレスリング」というマシン同士を衝突させてパワーを競う競技もあり、公式大会はなかったもののタミヤ公認競技の一つとしてありました。

ただ、様々なミニ四駆の遊び方がある中で、ミニ四駆にはグレードアップパーツというマシンをより速く走らせるためのアイテムが多数販売されており、せっかくならそれらのパーツを使用してより速いマシンを作り走らせることが、よりミニ四駆を楽しむ方法だとも思っています。

そしてマシンが速くなったかどうかを実感するためにはコースが欠かせない存在になり、マシンをコースで走らせるのであればミニ四駆コース設置店舗に行けば、コースを持っていない人でもマシンを走らせることができます。

ただコース設置店舗が家の近くになかったり・近くにあってもコース利用者が沢山いて利用しづらい・天候・気候が悪い日などはそこに行くまで大変などと、皆が皆 設置店舗コースを気軽に使えるわけではありません。

特にミニ四駆を始めたばかりの人であれば「自分のマシンは速くないから外で走らせるのが恥ずかしい」「コースアウトばかりして全然完走できなかったら恥ずかしい」「現地でセッティングするための道具・パーツを用意して持っていくのが大変」と思う方もいるかしれません。
(実際のところ無改造のマシンを走らせたり・何度もコースアウトしても全然問題ありませんが)

そんな時に重宝するのが自宅のミニ四駆コースです。
自宅であればどんなに遅かろうが何度もコースアウトしようが周囲の目も気にせずに、天候・気候が悪かろうが好きな時にマシン走行を楽しむことができます。

もちろん初心者に限らず中・上級者でも自宅にミニ四駆コースがあれば今以上にミニ四駆を楽しむことができるようになります。

そんな自宅でミニ四駆をより楽しむ手段でもある家庭用ミニ四駆コースについて比較しながら最適な選び方を紹介していきます。

コース紹介

まずは今回比較していくミニ四駆コースを紹介していきます。

オーバルホームサーキット


タミヤから発売されている2レーンのコースです。

正式名称はオーバルホームサーキットとなりますが、これ以降本記事では名称を少し省略して「オーバルサーキット」と呼んでいきます。

比較的大きな店舗でミニ四駆を取り扱っているところだと以下の画像の箱をよく見かけるかと思います。



コース全体のサイズのコンパクトさから家にも設置しやすく価格的にも手軽に購入しやすいコースでもあります。

ただ2レーンということもあり基本的に2台までの走行となるため、あまりレース向きではなく一人で走らせる機会の方が多いかもしれません。

レーン数のこともあり各大会で使用されること滅多になく、実物をあまりみかけないコースでもあります。

ただここ近年ジャパンカップの公式コースの一部にこのオーバルサーキットが使用されており、そのレース対策として購入する人も増え今まさに脚光を浴びているとか。

ジャパンカップ ジュニアサーキット


タミヤから発売されている3レーンのコースです。

ジャパンカップジュニアサーキット(Japan Cup Jr. Circuit)のアルファベットの頭文字をとってJCJCとも呼ばれます。
(本記事もこれ以降ジャパンカップジュニアサーキットをJCJCと呼んでいきます)

こちらもオーバルサーキット同様に、比較的大きな店舗でミニ四駆を取り扱っているところだと以下の画像の箱をよく見かけると思います。

個人的にJCJCの箱を見る度にいつもワクワクするのと同時に「家におけるスペースがあればなー」と落胆しています(笑)

タミヤ公式大会の5レーンには及ばないものの、3レーンでも十分レースを楽しめるので様々なミニ四駆レース大会で使用される人気のコースでもあり、ミニ四駆コース設置店では基本的にこのJCJCが設置されており、よく見かけるコースでもあります。

ミニ四レーサーなら誰しもがJCJCを自宅に設置する理想を頂き、金銭的な問題をクリアできても、設置するスペースがなく購入を断念してしまう、そんなコースではないでしょうか(笑)

コース比較

それでは上記で紹介したオーバルサーキットJCJCをそれぞれの項目で比較していきます。

レーンサイズ

まずは肝心のコースのレーンサイズですが、いずれのコースも同じ仕様でコース幅:11.5cmフェンス高さ:5cm となります。

このレーンサイズはタミヤ公式大会で使用している5レーンコースと同様になりますので、オーバルサーキット・JCJCいずれを購入しても公式大会コースと同様のレーンサイズでマシンを走らせることができます。

コースレイアウト・全長・サイズ

続いてはコースレイアウトと全体のサイズを比較していきます。

オーバルサーキット

コース全長は2週で約10mとなり、1セットのコースを組み立てた場合のコースサイズは縦1.2m x 横2.16mとなります。

下の画像はオーバルサーキットのコースレイアウトと6畳(縦2.7m x 横3.6m)にコースを設置したイメージ図です。

コースの位置をずらせば6畳にギリギリ3セットのコースも設置できそうです。

JCJC

コース全長は3週で約20mとなり、1セットのコースを組み立てた場合のコースサイズは縦1.44m x 横3.06mとなります。

下の画像はJCJCのコースレイアウトと6畳(縦2.7m x 横3.6m)に設置したイメージ図です。

3レーンということもありますがオーバルサーキットに比べて倍のコース全長となり、コース全体のサイズも一回りと言わず二回りぐらい大きい気もします。

マシンを走らせるならやっぱり大きいコースがいいということで人気のJCJCですが、それなりに広い設置スペースが必要になるというネックも…

材質・形状

コースの材質についてはオーバルサーキットは「走行音が静かな軟質プラスチック製JCJCは「丈夫なABS樹脂製となり、「走行が静かな軟質」とか「丈夫な」という形容詞で材質がどんな感じか何となく分かるような分からないような(笑)

実際私も両方のコースを触ったこともありますが、両者ともに要はプラスチック製で、触った感じはほぼ同じで、オーバルサーキットはやや柔らかい感じでJCJCはそれよりちょっ硬めの感じで、実際にマシンを走らせて何か違いあるかというと、それほど差はないというのが私の所見です。

オーバルサーキットの「走行音が静かな軟質プラスチック製」ということでJCJCと比べて静かかというと言われてみればそんな気もしないでもないんですが、如何せんマシンの走行音が大きくそっちの方が気になります(笑)

それとコースが柔らかい軟質なプラスチックを使っているオーバルサーキットの方がマシンがコーナーに接触した際にコースが歪んでコースアウトしやすいと思われるかもしれませんがそれについてはJCJCと大差はなく、むしろオーバルサーキットはコース材質以外の別の部分でコースアウトを起こしやすくなるのでこの辺は心配する必要がないと思われます。

結論としてオーバルサーキットとJCJCの材質の違いによってマシンセッティングを特別変える必要はなく、材質をコース購入の判断材料にする必要もないと思います。

むしろセッティングを変えるべきなのは今回紹介した2種類のコース(プラスチック材質)からタミヤ公式大会で使用される5レーンコースに変更した時であって、今回詳細説明はしませんがタミヤ公式大会の5レーンコースは材質がとても硬く、コースの継ぎ目の段差も大きくオーバルサーキット・JCJCとは別物と言っても過言ではないぐらい走行感が変わってきます。

あとコースの形状についてオーバルサーキットとJCJCはレーン数が違うので当然その部分は違ってくるのですが、それ以外に違いが1つあり、オーバルサーキットは以下の画像のように各コースパーツの中央に穴が開いています。
(レーンチェンジパーツのみ穴はありません)

平面を走る分には何も影響がありませんが、立体箇所(レーンチェンジ前やスロープなど)でブレーキをかける際にコース中央部はブレーキ効果が落ちるので、コース中央部ドンピシャでブレーキプレートを付けたりするとブレーキ効果激減なので注意しましょう。

拡張性

ここではそれぞれのコースの拡張のしやすさ・追加パーツの豊富さについて解説していきます。

先に結論を言うと拡張性は圧倒的にJCJCに軍配が上がります。
それほどJCJCはコース拡張パーツが多く、逆にオーバルサーキットはほぼないといった実状です。

オーバルサーキット

2レーンタイプのストレート・コーナーのバラ売りがないため、コースを拡張する際は基本的にオーバルサーキットコース一式を追加で買わなくてはいけません。

昔にタミヤからバンクやウェーブの追加のコースパーツも発売されていましたが現在は販売されていません。

過去に販売されていたコースパーツについてはメルカリやヤフオクなどを探せばタイミングによっては見つかるかもしれません。

ただ、拡張パーツが現状ないわけではなくタミヤから発売されているウォッシュボードやAOパーツのジャンプ台はオーバルサーキットでも使用でき、これにより立体的なコースにすることが可能となります。

あとは多少不格好になってはしまいますが、このあと紹介するJCJC用の拡張コースパーツもレーンサイズが同一なことから1レーン分余ってはしまいますが立体やウェーブなども再現可能です。
(ただしオーバルサーキットとJCJCを接続する際はコース接続部分を多少加工する必要があります)

今後オーバルサーキット需要が増えてきたら、もしかしたら過去パーツの再販やオーバルサーキット用の新たな追加コースパーツも発売されるかもしれません。
そのためにももっともっとオーバルサーキットが売れる必要があるとは思いますが…

JCJC

こちらはオーバルサーキットとは対称的にタミヤ公式サイトを見て頂けば分かりますが、様々な追加コースパーツがあり、拡張性が非常に高くなっており、これらのコースパーツを追加するだけで様々なバリエーションのコースを楽しむことができます。

欠点を上げるとしたら、各追加コースパーツの値段がそこそこすると言ったところでしょうか。
魅力的な追加コースパーツが多々あるので、これもこれもと買っていく内にとんでもない金額になっていた ということにもなりかねないのでコースパーツの購入は計画的に。

レーンチェンジ

コース購入の判断材料として個人的に重要だと思う要素その1です。

まずはそれぞれのコースのレーンチェンジ画像から紹介します。



上の画像を見てお気づきかもしれませんが、オーバルサーキットはJCJCに比べてレーンチェンジの全体の距離が短いため、オーバルサーキットはJCJCよりもレーンチェンジの傾斜角度が高くなっています。

その傾斜角度が高いことからオーバルサーキットの方がマシンが跳ねやすくなり、JCJCのレーンチェンジでは問題なく走れているマシンでもオーバルサーキットのレーンチェンジではたちまちコースアウトするという現象が起きてしまいます。
ちなみに逆向きに走らせても結果は変わりません。

そんな跳ねやすいことも考慮して、オーバルサーキットのレーンチェンジにはフタが付属しており、このフタがマシンのコースアウトを防いでくれます。

ただこのフタがあるので一安心かと言えばそうでもなく、それなりにマシン速度が上がってくると「フロント部分がフタと衝突してしまったり」「フタに収まっても毎回ボディ部分がフタにあたりボディがそのうち破損したり」「フタに当たる衝撃が強すきてフタがズレてきたり」と色々と厄介なことが起こります。

このレーンチェンジがオーバルサーキット最大の欠点であり、オーバルサーキットの評価を下げている要因でもあります。

オーバルサーキットを走らせる上でこのレーンチェンジが最大の難所であり、これを通過させるためにレーンチェンジ対策用のセッティングが必要になります。
レーンチェンジ対策のセッティングは千差万別ではありますが、最初からフタに当たることを考慮したセッティングをする方が多いと思います。

しかし基本的に各ミニ四駆大会ではJCJCが使用されるのでJCJCのレーンチェンジが通過できるセッティングをすればOKなわけで、わざわざオーバルサーキットのレーンチェンジを通過できるセッティングは必要なくなります。

上記のことを考慮すると厳しい言い方ですがオーバルサーキットのレーンチェンジは実践向きではなく、レーンチェンジを省いたコース構成にして一人で楽しむ方が良かったりもします。

しかしながら、冒頭でも話しましたがここ最近のタミヤ公式大会のジャパンカップではオーバルサーキットもコースレイアウトの一部で採用されており、会場によってはオーバルサーキットのレーンチェンジを採用しているコースもあります。

このことからこれまで実践向けではないとされたオーバルサーキットも脚光を浴び、ジャパンカップ対策としても有用なコースと評価も変化しつつあるので一概にこのレーンチェンジが欠点というわけでもありません。

オーバルサーキットのレーンチェンジ対応策

先程「ここ最近のジャパンカップでオーバルサーキットが使用されている」という話をしましたが、今後はまたしばらく使用されなくなり、公式大会対策として不要になるかもしれません。

そうなった時のために、オーバルサーキットのレーンチェンジ対策をしていないマシンでもレーンチェンジを通過できようにする私の案を紹介しますので、すでにオーバルサーキットを持っていてレーンチェンジに悩んでいる方・購入を検討しているがレーンチェンジが不安で購入に踏み切れない方など 参考にして頂ければと思います。
※対策するのはマシンではなく あくまでコースの方です。

・フタの範囲を広げる

マシンがレーンチェンジの傾斜で跳ねるのであれば、レーンチェンジが始まる箇所(傾斜がある最初の箇所)にもフタをしてしまえばいいのです。
そうすれば確実にマシンはレーンチェンジではコースアウトせずに通過できます。

ではその追加のフタですが、手頃な物としダンボールがおすすめです。

ダンボールを既存のフタと同じようなサイズに切り取って、既存のフタの手前にテープ等を使用してダンボールを固定させて完成です。

ただ注意して欲しいのは、この追加したフタには相当な負担がかかるためダンボールをしっかり固定してないとダンボールごとマシンが吹っ飛ぶということもあり、何度も走らせるうちにダンボールが破けるということもあるので、ダンボールのフタをしっかりと固定することはもとより、ダンボールのマシンがあたる部分を2重・3重にしたりプラバンとかを貼ったりして強度を上げておくことを推奨します。

・コースを継ぎ足し傾斜角度を緩くする

これは追加でコースを購入する必要があり、手間がかかる作業になってしまいますが、レーンチェンジの部分を自作で改造していきます。

下の画像はちょっとやっつけでつくった感満載ではありますが、イメージ的にはレーンチェンジ前に直線を追加し、コーナリング終了直後の段階からプラバン等でレーンチェンジへの緩い傾斜を設置します。

ただ細かいことを言うとコーナリング終了直後の箇所に引くプラバンについては既存コースとの段差をなくすために加工が必要なのと(傾斜の導入部分はウォッシュボードを使用すると良いかもしれません)、プラバンを追加する箇所のレーンの高さもプラバン等で補強しないとレーンチェンジ前にマシンがコースアウトしてしまう可能性もあり結構手間がかかる作業なのであまりお手軽にできないことが難点です…

以上がオーバルサーキット レーンチェンジ対策案についてでした。

これ以外にもっと適切なレーンチェンジ対策案もあると思うのでご自身にあった対策をしてみてはいかがでしょうか。

また、現在はジャパンカップでも採用中なので模擬ジャパンカップコースとして、そのままのレーンチェンジでマシンの方をそれ用にセッティングしていかにコースアウトせず且つ速く走れるかをチャレンジするものありかと思います。

コース設置方法

コース購入の判断材料として個人的に重要だと思う要素その2です。

これはコース紹介でも意外と触れられることが少なく、場合によっては購入してから知ったということもありえるので、コース購入を検討されている方は必見です。

コースの組み立て方はオーバルサーキット・JCJCのいずれもコース背面にツメがあり、これをコース同士で連結させツメを指標に正しい位置でコースを繋ぎとめてくれます。

そしてオーバルサーキットにはこのツメ以外にジョイントが付属しています。

これをコース側面に取り付け、コース間をしっかりとつなぎ止め固定させていきます。

それに対してJCJCはジョイントがありません。というかコース側面にジョイントを取り付ける突起もありません。

このことからJCJCはコース背面のツメだけでコースを組み合わせることになります。
ツメだけでもそれなりにコース間は固定されているので無改造マシンとかを走らせる分にはあまり問題ないんですが、改造してそれなりに速度が出てくるとマシンがコースに当たる衝撃でコースの継ぎ目が大きくなったり場合によってはコースが分解してしまいます。
そうならないためにJCJCは別途テープを使用してコース間を繋ぎとめる必要があります。

これが地味に面倒で、コースを出しっぱなしにできない場合だと、JCJCを出す時にテープを貼って、片付ける時にテープを剥がすという手間が発生するので、JCJCを購入する場合はその点も考慮して頂ければと思います。

ちなみにコース間を固定するなら養生テープがおすすめです。
粘着力はどのテープを大して変わりないですが、養生テープは剥がしやすいので片付けも楽になりますし、何回かは貼って剥がしてと使いまわせるのでテープ代の節約も可能です。

価格

価格については以下の画像をタップするとAmazon販売ページへ行き 定価よりも安い価格で購入可能ですが、在庫状況により価格が変動することがあるのでAmazonでの価格の記入は控えておきます。
代わりに定価の価格を記載しておきます。

オーバルホームサーキット

定価 9,680円(税込み)

ジャパンカップジュニアサーキット

定価21,780円(税込み)

物を購入する上で価格は非常に大事な要素ではあるものの、どっちのコースを買うかを最終的に決めるのは価格よりも上記で解説してきた要素の方が判断材料になると思わるので、価格うんぬんはどっちのコースを買うか決めた上で、その欲しいコースをできるだけ安く買える店・サイトをじっくり探すのが良いと思います。

またJCJCを購入しコース拡張を検討されている方は追加コースパーツの価格も事前に確認しておくことをおすすめします。
JCJCコース一式自体は比較的リーズナブルではありますが追加コースパーツはそこそこ値が張る感じがあるので、コースを継ぎ足していたらとんでもない金額になっていた ということにならないよう注意しましょう。

コース使用の注意点

どちらのコースも共通となりますが、コース使用の際は周囲への騒音に注意しましょう。

とにかく家でミニ四駆をコースに走らせると音が凄いです。
ミニ四駆キットを組み立てたばかりのノーマルモーターとかであればそれほど音は気になりませんが、上位モーターに変えてマシンが速くなった途端にマシンの音・マシンがコースに当たる音などかなりの音が出て、騒音と言っても過言ではないぐらいの音になることもあります。

どのくらいの騒音になるかは、ミニ四駆コース設置店で実際にマシンを走らせると体感できるんですが、設置店の場合コースの周りに雑多な音が混じっていて余りコースを走らせている音に気付きづらいこともあるので周囲の環境も考慮しながらどのくらい音が出ているのか見定めた方が良いです。

家族がいる方は事前に音が出る事の告知は必須ですし、マンション住まいの方なら左右上下の部屋への騒音は免れないので早朝・深夜のコース使用は極力控えるべきかと。
また一軒家の方でもコース設置場所によっては周囲の家への騒音もありえますので走行させる時間帯には注意しましょう。

余談ですが、一軒家の知り合いがミニ四駆コースを買って屋上にコースを設置して走らせたところ想像以上の音で、その時は特に周りから苦情はなかったものの、日中の時間帯でも苦情が来るのではという心配から、それ以降は家の中にコースを設置するようにしたという話も聞きました。

またジャンプセクションなどの立体コースした際はマシン着地時の騒音プラス振動とさらにうるさくなるので、気休め程度の効果かもしれませんが100均でも買えるジョイントマットをコースの下に引いておくといいかもしれません。

あとこれはそんなに気にすることでもないんですが、オーバルサーキットでマシンを走行させているとコースが動きます。
「動く?」と思われる方もいると思いますがコースが動くんです(笑)

オーバルサーキット1セットで、コースを設置している床が滑りやすい環境でそれなりに速度が出るマシンを走らせると、マシンがコーナーに当たる衝撃でコース全体が動きます。

コースが動くことで特にデメリットもないんですが、徐々にコースが動いて気づいたら設置した場所と違うところにコースがあった なんてことも無きにしもあらずなので注意しましょう。

防止策としては先程紹介したジョイントマットなどのプラスチックが滑りにくそうな材質の物の上にコースを置いたり、コースのすぐ脇に重たい物を置くかオーバルサーキットを増設してコース総重量を上げるなどが良いかと。

まとめ

最後にこれまで比較してきた内容をふまえてどちらのコースがおすすめなのか紹介していきます。

オーバルホームサーキットはこんな人におすすめ

ミニ四駆を始めたての人
ミニ四駆設置スペースがあまり広くない人
頻繁にコースの出し入れを行う人
一人でミニ四駆を遊ぶことが多い人

安い価格・コンパクトなコース面積・組立安く気軽に遊べるコース、それがオーバルサーキットの特徴です。
レーンチェンジの問題はあるものの初心者であれば十分楽しめるコースで、ミニ四駆を始めたけど近くに走らせるコースがないという方はオーバルサーキット購入を検討してみてはいかがでしょうか。

万が一 コースを使用することがなくなってしまったり、JCJCへ変更したいということになったとしても、メルカリなどのオークションに出品すればすぐに買い手も見つかりますし、他の方に使ってもらうことでコースを処分せざる得ないという心配もありませんので、少しでも家で本格的にミニ四駆を走らせたいと思ったらオーバルサーキットを買うことを推奨します。

ジャパンカップJr.サーキットはこんな人におすすめ

広いスペースがある人
コース専用の設置スペースを確保できる人
多人数で遊びたい人
より速いマシンを作りたい人
公式大会以外の小中規模の大会にもどんどん参加したい人

JCJCは全体サイズが大きいことから広い設置スペースが必要となりますが、設置場所が確保できるのであれば初心者の方でも問答無用でJCJC一択です!

コース組立に多少手間がかかるのでコース設置専用スペースがあると尚良しですが、毎回片づけが必要という方でもJCJCを設置できるスペースがあるならJCJCの購入に踏み切っても問題ないぐらい魅力的なコースです。

拡張パーツを追加購入すれば店舗さながらのコースも再現でき、自宅で練習・研究しながらミニ四駆の技術力アップの貢献間違いなしで、本格的に速いマシンを作りたい方には必須とも言えるコースですのでミニ四駆歴問わずどのレーサーにもおすすめしたいコースでもあります。

仮にミニ四駆ブームが到来したら、JCJCを持っていればクラスの人気者間違いなし!と断言できる そんなコースです(笑)

最後に

いかがでしたでしょうか。

まだ一度もミニ四駆をコースで走らせたことがない方はミニ四駆コース設置店舗でも構わないので、まずはどこかのコースでマシンを走行させてみることをおすすめします。

初めてミニ四駆をコースで走らせる感動はひとしおで、設置店舗でミニ四駆を走らせて楽しい!と感じたならコース購入を検討してみてはいかがでしょうか。

自宅にコースがあれば店に行く手間・店に行く準備なども不要になり、その短縮した時間を改造・セッティングにも回すことができるので時間の有効活用ができますし、コースが家にあれば大会の店舗大会対策も何時でも家で出来てライバルたちとのアドバンテージにもなります。

少しでもコース興味をもったら まずはコース設置店舗で実際にマシンを走らせてみて、もっとコースでマシンを走らせたい!と思ったら、本記事を参考にして頂き 自分の環境に合ったコースを選んで よりミニ四駆を楽しんで頂ければ幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。