改造

リヤATバンパーType3(MAシャーシ)作り方紹介 -準備編-

今回はMAシャーシ用のリヤATバンパーの作り方を紹介します。

以前作成したリヤATバンパーType1Type2をマイナーチェンジし今回新たにType3として紹介します。
以前紹介したType1とType2はリヤバンパーのローラー取付箇所の地上高が低くなり、ローラーの取付位置がリヤ側に寄ってしまうとブレーキよりも先にバンパーが地面に接触してしまうこともあったので、その問題を解消し且つローラーベース(前と後ろのローラーの距離)の調整を容易にできるようにしてみました。

なるべく少ないパーツ・基本的な工具で且つシンプルな改造を目指したので初心者の方でも比較的簡単にできる改造かと思われます。

完成形はこんな感じになります。




今回は上の画像のリヤATバンパー作成に必要なパーツと工具を紹介します。

リヤATバンパー作成に必要なパーツ

まずは必要なパーツを紹介していきます。

FRPリヤブレーキステーセット


リヤATバンパーの基幹となるパーツです。この基幹パーツはそこそこ負担がかかり、欲を言えばカーボンで強度を上げたいのでカーボンリヤブレーキステーを購入できる方はそちらを推奨します。

FRPマルチワイドリヤステー


こちらもATバンパーの基幹となるパーツで最も摩耗しやすいパーツなのでカーボンが推奨ですが、カーボン版については現在入手しづらく限定版の方であれば某通販サイトで購入可能ですがいつ販売終了になるかわからないのでFRP版を紹介しました。

FRPフロントワイドステー


こちらは上記のマルチワイドリヤステーと結合させこのパーツにローラーを付けて使用しますが、上記のマルチワイドリヤステーと穴が合致するパーツは他にもあるのでFRPフロントワイドステーが必須というわけでもなく他のプレートでも代用可能です。
また、引っ掛かり防止ステー用に同じプレートがもう1枚必要になります。
引っ掛かり防止ステーについては下記のフロントアンダーガードを使用する方法でもOKです。

フロントアンダーガード


こちらは引っ掛かり防止として上で紹介したFRPフロントワイドステーに取り付けます。
こちらを使用する場合は上記のフロントワイドステーは1枚でOKです。
ただし今回の改造ではフロントアンダーガードを使用しないパターンを採用しているためこのパーツの加工方法等は一切説明していません。

フロントアンダーガードを使用する改造方法は
リヤATバンパーType1(MAシャーシ)作り方紹介 -作成編-
リヤATバンパーType2(MAシャーシ)作り方紹介 -作成編-
をご参照ください。

ローラー

リヤローラーとして使用するのでお好みのサイズ・数量で問題ありませんがフロントアンダーガードを使用する場合は9mm か 11mm か 13mmローラーが推奨です。
今回の紹介する改造ではフロントアンダーガードは使用せずに19mmローラーを使用しています。

2mmロックナット


各所ビス固定に使用します。

ステンレス皿ビスセット




ステンレス皿ビスセットは現在2種類販売されており、今回の改造では両タイプ揃えておくのがベストです。
ただどちらか1種類に絞らねばいけないということでしたら長さがある方が応用が利くため10・12・20・25・30mmのタイプをお勧めします。
しかしながら今回の改造では6・8・15mmの方を使うケースが多いです…

2段アルミローラー用5mmパイプ


直径約3mmのパイプとなります。
リヤATバンパー可動部分で使用します。

スプリングセット


ATバンパー動作をスムーズにするパーツです。

メタル軸受けセット


スプリング・アルミローラー用パイプ等を固定するために使用します。

ボールスタビキャップ


各所のビスの長さがジャストサイズであれば必要ありません。
代用品としてゴムパイプでも問題ありません。

必要パーツリスト

上記で紹介したパーツの一覧となります。

リヤATバンパー作成に必要な工具

続いては必要な工具を紹介していきます。

プラスドライバー

言わずもがな どの改造にも必須と言っても過言ではない工具となります。

ボックスドライバー


こちらもミニ四駆の改造では必須級の工具です。
グレードアップパーツに付属している簡易スパナでも代用可能ですがこちらの方が使い勝手がいいので持っておくと便利です。

なおプラスドライバーとボックスドライバーをセットにしたミニ四駆ドライバーセットPROもあります。


ボックスドライバーはもとよりプラスドライバーもミニ四駆用ビスに適したサイズなのでお勧めです。

電動リューター


今回の改造ではドライバーと同じぐらい必須工具となります。
使用するビットはタミヤから販売している「電動リューター用 ビット5本」と「皿ビス穴加工ビット」です。


リュータービットは他にダイヤモンドカッターも必要になります。
ダイヤモンドカッターについては100均で購入したもので問題ありません。

今回使用したリューターはこちらで紹介しています。

それと必須ではないんですが同じくダイソーで買える円筒形・砲弾形ビットもあると便利です。

電動ドリル


ドリル刃は2mmと3.1mmを使用しますが、3.1mmがない場合は3mmでも問題ありません。
ただし3mmの場合は上記のリューターの別売りビットが必要になります。
またフロントアンダーガードを使用しない場合は2mm刃は不要になります。

薄刃クラフトのこ


シャーシ切断の際に使用するんですが紹介しておきながら私はこの工具を持っていないため代わりにリューターを使ってシャーシを切断しました。
ない場合はリューターやドリル・ニッパーで代用することも可能です。

マルチテープ

これは仮止めで一時的に使うものなのでマルチテープでなくてもセロハンテープやガムテープでも問題ありません。

ラジオペンチ


必須ではないんですがリューター使用時に手でパーツを持って作業するよりもラジオペンチを使った方が安全に作業ができるのでおすすめです。
画像のものは100均で購入したラジオペンチミニです。

必要工具リスト

上記で紹介した工具の一覧となります。

最後に

以上が必要なパーツ・工具の紹介でした。
上記のパーツ・工具を使っての作成方法は次回説明していきます。

またAmazonで上記のパーツを購入する場合、通常の支払い方法を使うよりもコンビニ等で現金チャージして最大2.5%のポイントが貯まるAmazonギフト券 チャージタイプを利用するとお得になるのでお勧めです。

私はミニ四駆の商品はもとより、それ以外の日用品などもAmazonで購入することが多く、このポイント目的でチャージタイプを利用しています。
多めにチャージした場合使い切れるの?という心配もあるかもしれませんがチャージ額の有効期限が10年間と長いので使いそびれることもないかと。

※Amazonチャージの詳細はこちらをご参照ください。

リヤATバンパーType3(MAシャーシ)作り方紹介 -作成編-前回はMAシャーシ用のリヤATバンパーType3作成に 必要なパーツ・工具を紹介しました。今回は作成方法を紹介します。 完成形は...
斜めブレーキ(リヤ)作り方紹介今回はブレーキをより効かせるために斜めプレートなどを使用せず、比較的手間をかけずに斜めブレーキを作成する方法を紹介をしていきます。 ※...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。