1軸 リヤアンカー 作り方 解説 -準備編-

今回はリヤアンカーの作成に必要なパーツ・工具を紹介します。

以前にも当サイトでは1軸・2軸のリヤATバンパーの作成方法をいくつか紹介してきましたが、リヤアンカーは今までのものよりも更にいなし効果が高く、ミニ四レーサーの間でも使用頻度が高いATバンパーとなります。

そして、そのリヤアンカーの作成方法を より詳しく丁寧に解説していきますので初心者の方でも比較的簡単にできる改造となっており、完成したリヤアンカーは以下のような形となります。

また、今回紹介するリヤアンカーの対応シャーシについては構成パーツの一つであるリヤブレーキステーの以下のビス穴と結合できるシャーシであればどれでもOKで、特別古い型のシャーシでなければ対応可能となっています。

尚、今回紹介するパーツ・工具を使っての作成方法については「作成編」にて紹介しているので、そちらをご参照ください。

あわせて読みたい
1軸 リヤアンカー 作り方 解説 -作成編- 今回はリヤアンカーの作成方法を解説してきます。 以前にも当サイトでは1軸・2軸のリヤATバンパーの作成方法をいくつか紹介してきましたが、今までのものよりも更にいな...
目次

リヤアンカー作成に必要なパーツ

ここではリヤアンカー作成に必要なパーツを紹介していきます。

FRPリヤブレーキステーセット

リヤアンカーのベースとなるパーツの1つで、当サイトで紹介する作成方法ではFRPリヤブレーキステー2セット使用します。

ただし1セットだけでもリヤアンカーは作れるので必ずしも2セット用意する必要はありません。

また、FRPリヤブレーキステーを2枚使用する場合に、2枚のうち1枚をFRPマルチワイドステーに変更することでもリヤアンカーを作成することができます。

ただし、FRPマルチワイドリヤステーに関しては基本的にはMSシャーシ向けであり、それ以外のシャーシには不向きかと思いますので、どのパーツが必要になるかは作成編を見てから判断して頂ければと思います。

また、上記で紹介したパーツについてはカーボンタイプも販売されているので余裕があればHG カーボンリヤブレーキステーを用意しましょう。


ただしカーボンタイプは限定品ということもあり購入しづらいのが難点ということと、カーボンにするメリットがあまり無いことから無理にカーボンタイプを購入する必要はありません。

また、FRPマルチワイドステーのカーボン版であるHG カーボンマルチワイドリヤステーもあります。

こちらはFRPタイプとビス穴の位置が若干異なり カーボンタイプを使用する場合は追加のビス穴をあけたりする必要があることと、ここで使うぐらいなら別の改造で使用した方が良いかと思うので こちらも無理に用意する必要はありません。

ちなみに上記のカーボンタイプの購入方法については、定期的にネット上で「HG カーボンリヤブレーキステー」「HG カーボンマルチワイドリヤステー」で検索していれば 発売からしばらく経った時期でも見つかることがあり定価以下で購入することも可能なので、根気よく探してみるもありかと思います。
(ちょくちょくAmazonで在庫が復活したりします)

また、上記のカーボンステーは毎年 夏頃にプリントを変えた新製品が限定品として発売され、夏前ぐらいからAmazonをチェックしておけば事前予約もでき、ミニ四駆を続けていくのであれば必ずどこかで使用するシーンが出てくるパーツでもあるので、購入チャンスがあればとりあえず買っておいて損はないパーツかと。

ボールリンクマスダンパー(スクエア)

多数のアイテムが同梱されているグレードアップパーツとなりますが、使用するのはFRPプレートのみとなります。

このFRPプレートはリヤアンカーのベースとなるパーツの1つで、リヤアンカーを作成する上では非常に大事な役割を果たしてくれるパーツでもあります。

このパーツは摩耗が激しいパーツでもあり、理想を言えばカーボンタイプが望ましく カーボンタイプのものも存在するのですが、カーボンの方は限定品ということもあり今では定価で購入することは困難なため用意するのは現実的ではありません。

そうしたことからリヤアンカーを長く使い続けるのであれば予備で複数所持した方が望ましいのですが、2個・3個と購入していくうちにFRPプレート以外の付属しているパーツが どんどん溜まっていきます…

FRPプレート以外のパーツも頻繁に使うということならいいんですが人によっては不要となることがあり、そんな不要パーツを増やさず且つパーツ費を節約する手段として、先程紹介したFRPリヤブレーキステーを加工してボールリンクマスダンパーのFRPプレートを作成する方法があります。

FRPリヤブレーキステーセットであればボールリンクマスダンパーよりも安く購入できて、FRPリヤブレーキステーセットに付属しているブレーキスポンジ(レッド)もそれなりに使用することがあるため 無駄になるパーツも減らすことができます。

ただし、FRPリヤブレーキステーからボールリンクマスダンパーのFRPプレートと同じ形に加工するには そこそこ手間もかかるので、作業する時間を考えたらボールリンクマスダンパーを購入した方が手っ取り早かったりしますので、ご自分の作業技術や加工時間に対する面を考慮してどちらを購入するかを判断して頂ければと思います。

FRPリヤブレーキステーからボールリンクマスダンパーのFRPプレートを作成する方法は機会があれば別途紹介していきます。

とりあえず初めてリヤアンカーを作成する場合はボールリンクマスダンパーを購入する方をおすすめします。

スタビヘッド

リヤアンカーのキーパーツとも呼べる最重要パーツであり「アンカー」という名称の由来となっているパーツでもあります。

スタビヘッド1個だけ使用するわけですが摩耗しやすいパーツでもあるので予備で2個・3個と複数所持しているのが望ましく、より多く入っている以下のアンダースタビヘッドセットを購入するのがおすすめです。

しかしながら、リヤアンカーの普及率が高まっているせいなのか 本記事を書いている時点では上記パーツは在庫がなく定価で購入できない状態となっています…

アンダースタビヘッドセットの代用品としておすすめなのが以下のロングスタビ低摩擦プラローラーセットです。

上記パーツにはスタビヘッドが4つ付属しており価格もリーズナブルなので、アンダースタビヘッドセットが購入できない内はこちらのパーツが最適かと思われます。

それ以外のグレードアップパーツにもスタビヘッドは付属しているので、自分が欲しいパーツの中にスタビヘッドが含まれていれば そちらで済ませるのもありです。

他にスタビヘッドが含まれているグレードアップパーツでおすすめなのが「ファーストトライパーツセット」「ARシャーシ ファーストトライパーツセット」「MAシャーシ ファーストトライパーツセット」で、これらのステーは比較的利用頻度も高いパーツでもあるので ステーのご利用予定があるのであればこちらを買うのもありです。

FM-Aシャーシ用VZシャーシ用のファーストトライパーツセットにはスタビヘッドは付属していないのでご注意ください。

FRPフロントワイドステー

リヤアンカーのバンパー部分となるパーツです。

バンパー部分のパーツは必ずしもFRPフロントワイドステーである必要はなく、以下のFRPプレートのビス穴と適合するステー・プレートであれば他のパーツでも構いません。

リヤアンカーと言えばFRPフロントワイドステーを使用するのが主流ではあるので、今回はこのパーツを紹介しました。

尚、FRPフロントワイドステーを使用する場合は、一部削る箇所がありバンパーとしての強度を考慮した場合2枚用意しておくと無難ではあります。

2mmロックナット


各箇所のビス固定に使用します。

ロックナットでなくても通常ナットでも代用可能ですが、通常ナットだと長時間走行しているうちにネジが緩む可能性があるので、出来る限りロックナットの利用を推奨します。

ステンレス皿ビスセット


各箇所のパーツ結合に使用します。

皿ビスは現在2種類のタイプが販売されており、今回の改造以外でも何かと使うシーンが多いので余裕があれば両方用意しておくことをおすすめします。

尚、今回の改造では両方のタイプを使用していくわけですが、両方用意できなくどちらか1つのみ選択ということであれば長さの融通が利く10・12・20・25・30mmタイプがお勧めです。

2mm キャップスクリューセット(25mm・30mm)

リヤアンカーの支柱部分で使用するパーツで25mmタイプを使用します。
(場合によっては30mmタイプでも構いません)

このパーツについては必須というわけではなく、鍋ビスでも代用が効くので キャップスクリューが必要かどうは作成編の内容を見てから判断しても構いません。

スライドダンパースプリングセット

リヤアンカー可動に欠かせないパーツでリヤアンカーにおいては1個しか使用しませんが、フロントATバンパーMSフレキスライドダンパー等にも使用するパーツなので余分に持っておいて損はないパーツです。

尚、各スプリングの硬さは以下となります。

それぞれのスプリングの硬さがどれくらい違うかは実際に現物を触ってみないとわからず、まだスプリングを持っていな方はどちらを買うべきか迷うところですが、とりあえずは黒タイプが封入されている「AO-1034 ミニ四駆スライドダンパースプリングセット」の方を買っておけば間違いないかと。

スペーサーセット

バンパーのぐらつきを抑えるためのパーツとなります。

今回の改造で使用するのであればプラスチック材質の方が良さげかと思っていますが、どちらを使っても大差はないのでプラスチックでもアルミでもお好みの方で構いません。

アルミ材質のものであれば各グレードアップに付属していることが多いので、そちらがあるのであれば単体でスペーサーセットを購入する必要はありません。

必要パーツリスト

上記で紹介したパーツを以下にまとめました。

リヤアンカー作成に必要なパーツ
  • FRPリヤブレーキステーセット
  • ボールリンクマスダンパー(スクエア)
  • スタビヘッド
  • FRPフロントワイドステー
  • 2mmロックナット
  • ステンレス皿ビスセット
  • キャップスクリューセット
  • スライドダンパースプリングセット
  • スペーサーセット

リヤアンカー作成に必要な工具

続いてはリヤアンカー作成に必要な工具を紹介していきます。

ボックスドライバー

ロックナットを固定するために使用する工具で、今回の改造のみならずミニ四駆の加工では必須となる工具です。

グレードアップパーツに付属している簡易スパナでも代用可能ですがこちらの方が使い勝手がいいので持っておくと便利ですが、工具費を抑えるのであれば次に紹介するミニ四駆ドライバーセットPROを購入しても構いません。

プラスドライバー


基本的にミニ四駆のビスを回せるプラスドライバーであればどんなものを使用しても問題ありませんが、手持ちのプラスドライバーがミニ四駆のビスと相性があまりよろしくなかったり、まだボックスドライバーを持っていないということであれば上のミニ四駆ドライバーセットPROがお勧めです。

上のプラスドライバーは当然ながらミニ四駆用ビスに適したサイズなのとボックスドライバービットも付属しているのでおすすめの一品となっています。

また、小型 電動ドライバーもおすすめです。

上の画像の電動ドライバーにはボックスドライバービットは付属していませんが、ミニ四駆用ビスに適したサイズのドライバービットが付属しており 電動のみならず手動で普通のドライバーとしても使用可能で、ミニ四駆の加工作業の効率アップに繋がる工具となっています。

上の画像のWeaArco製 小型 電動ドライバーを含め おすすめ電動ドライバーの詳細については以下の記事にて商品レビューを書いていますのでよろしければご参照ください。

あわせて読みたい
WeaArco 小型 電動ドライバー レビュー 今回はWeaArco製 小型 電動ドライバーのレビューをしていきます。 製品の外観や仕様はもちろんのこと、実際にミニ四駆を加工作業等で使ってみて分かった良い所・悪い所...
あわせて読みたい
Umimile 小型 電動ドライバー レビュー 今回はUmimile(ユミマイル)の小型電動ドライバーのレビューをしていきます。 製品の外観や仕様から、実際にミニ四駆を加工作業等で使ってみて分かった良い点・悪い点な...

電動リューター


今回の改造では必須の工具となります。

使用するビットはタミヤから販売している「皿ビス穴加工ビット」と

直径8mm球型(ヘッドボール型)ビットとなります。

何故、直径8mmの球型ビットが適しているかは作成編にて詳しく説明しますが、これがあるだけで作業効率が格段に向上するので できれば用意しておきたい工具となります。

直径8mmの球型ビットの購入については、ビット単体での販売を見かけることがなかったので私は同じビットの10本セットを購入しました。

同じビットがこれだけあると逆に勿体ない気もしますが、Amazonでは5本入りと10本入りしかなく、私が購入した時は何故が10本入りの方が5本入りよりも安かったのでこちらを買った次第です。

5本入りと10本入りの購入リンクを以下に貼っておきますので、これよりも安く買えるところがあればそちらで購入して頂ければと思います。
くれぐれも直径8mmということを忘れずに注意してください。単品で売っていたと思ったら直径6mmだったりするので 購入の際はサイズをお間違いなく。

また、直径8mmの球型ビットを使用する際に1点注意点があり、このビットの軸径(リューターに装着する部分の直径)が3.0mmで最初に紹介したタミヤ製のリューターには装着できません…

このことから直径8mmの球型ビットを使用する場合は軸径3.0mmに対応しているリューターを使用する必要があり、それに対応していて個人的におすすめなリューターについては以下の記事でレビューも書いているので よろしければご参照ください。

ただし、タミヤ製のリューターでも軸径3.0mmのビットを装着する手段があり、その方法については以下のレビュー記事内の「非対応ビットの装着方法」で解説しているので そちらをご参照ください。

あわせて読みたい
電動ハンディリューター レビュー 今回はタミヤの電動ハンディリューターの紹介です。 最初に私自身がリューターという名前の工具がどんなものか知らなかったので簡単にリューターの説明から。 リュータ...
あわせて読みたい
Dremel(ドレメル) ペン型ミニルーター 製品レビュー 今回はDremel(ドレメル) ペン型ミニルーター 2050(FINO)のレビューをしていきます。 ミニ四駆を本格的に改造していく上で必須とも言える電動リューターですが、その中で...

もし直径8mmの球型ビットを用意しない場合は代用品として、以下の100円ショップで購入できる砲弾形ビットを使用していきます。

一緒に付属している円筒形ビットも今回の改造で使用するシーンがあるので持っておいて損はないビットセットです。

それ以外には必須とまではいきませんが以下のダイヤモンドカッターのセットもあると便利なので こちらもおすすめです。

こちらも100円ショップでも購入可能で、そこそこ規模の大きな店舗であれば販売しています。

ドリル刃(2.1~2.5mm)

スタビヘッドの穴を拡張するために使用し、今回は2.1~2.5mmのいずれかのドリル刃を使用します。

ドリル刃のサイズが2.1~2.5mmと抽象的な表現で申し訳ないのですが、なぜこの範囲を指定しているかは作成編にて詳細を書いているので そちらを見てからどのサイズのドリル刃を使用するか決めて頂ければと思います。

尚、2.5mmのドリル刃であれば100円ショップで購入可能です。

ただし、このタイプのドリル刃はタミヤ製の電動ドリルには装着できないので注意してください。

今回の穴の拡張については電動ドリルである必要はないのでボックスドライバーミニ四駆ドライバーセットPROのような六角形のビットを取り付けれるものであれば何でも構いません。

ニッパー


今回の改造では使う場面が非常に少ないのですが、ミニ四駆の改造においては必須級な工具なので持っていない方は用意することをおすすめします。

どのタイプのニッパーを使用しなくてはいけないという指定はありませんので、お手持ちのニッパーで問題ないんですが個人的には上の画像の薄刃ニッパーがおすすめです。

切れ味もそうですが薄刃のおかげでパーツを切り取った際の切断面が綺麗に仕上がり、刃先が細いおかげで狭い所にも刃先を入れることができ、加工範囲がグッと増します。

また上の商品とは別に「先細薄刃ニッパー」という先程の薄刃ニッパー以上に先端が細いニッパーもあり、値段もさほど変わらないので、まだニッパーを所持していない方は「先細薄刃ニッパー」を購入した方がいいかもしれません。
(特にタミヤ製であるという必要はありませんのでお気に入りのニッパーであれば それで問題ありません)

マルチテープ


これは仮止め等で一時的に使うものなのでマルチテープでなくてもセロハンテープやガムテープでも問題ありません。

ただミニ四駆の様々なシーンで何かと重宝するテープで、1つ買っておけば結構長持ちするので、持っていない方はこれを機に購入してみてはいかがでしょうか。

ヤスリ

今回の改造では使用頻度は低いものの加工精度を上げるためにも重要な工具となります。

ただヤスリと言っても様々な種類があり今回の改造で必要になるヤスリを紹介していきます。

棒ヤスリ


今回の改造に関しては上記のような平型ではなく丸みがかかった円型のタイプが好ましく、これがなくてもリューターで代用できるので必須ということでありませんので、円型の棒ヤスリがなければ特別購入する必要はありません。

100円ショップでは以下のような小さ目なやすりが販売されており、半丸型は今回の改造にも適しているので見つけたら購入するのもありです。

小さい棒ヤスリはミニ四駆の改造では活躍する場面が多いので、今回の改造に限らず持っておくことを推奨します。

紙ヤスリ

今回の改造では個人的には最もおすすめのヤスリであり、スタビヘッドを加工する際に使用します。

特にどの紙ヤスリがいいという指定はありませんので以下のような100円ショップで購入できるもので構いません。

グリス


リヤアンカーの可動をスムーズにするために使用します。
特にグリスの指定はなく お手持ちのグリスで十分なので、新規購入する必要もありません。

もしグリスを新規購入するということであれば おすすめなのが下画像の「オイルペン」です。


これ単体で使用できることはもちろんのこと、別のグリスと併用して使う事により グリスの塗りすぎを防ぎ 適切な量で塗ることができるようになる優れもので、グリスを利用するシーンでは大活躍するので持っておいて損はないアイテムです。

ブラシ


こちらはあれば便利ということで、必須ではありません。

ブラシがあると加工作業後のパーツやヤスリについた削りカスを払うことができるので意外と重宝します。

上の画像のものは100円ショップで購入できるので、持っていない方は他のアイテム目当てに100円ショップへ行った際に一緒に購入してみてはいかがでしょうか。

必要工具リスト

リヤアンカー作成に必要な工具
  • ボックスドライバー
  • プラスドライバー
  • 電動リューター
  • ドリル刃(2.1~2.5mm)
  • ニッパー
  • マルチテープ ※必須ではない
  • グリス
  • ヤスリ
  • ブラシ ※必須ではない

最後に

以上がリヤアンカー作成に必要なパーツ・工具の紹介でした。

上記のパーツ・工具を使ったリヤアンカーの作成方法については作成編にて紹介しているので、そちらをご参照ください。

ちなみに今回紹介した商品の大半はAmazonにて最安値で買えます。
ただし、在庫状況により在庫自体がなかったり・他業者が定価より高い金額で販売していることもあるのでご注意ください。

Amazonで在庫がない・値段が高いパーツ・工具類については他のネット通販サイトで検索すれば定価よりも安く買う事もでき、ネット通販 各サイトの価格事情については「ミニ四駆 パーツ価格比較調査」の記事で解説しているのでよろしければ参考にしてください。

あわせて読みたい
1軸 リヤアンカー 作り方 解説 -作成編- 今回はリヤアンカーの作成方法を解説してきます。 以前にも当サイトでは1軸・2軸のリヤATバンパーの作成方法をいくつか紹介してきましたが、今までのものよりも更にいな...
あわせて読みたい
ミニ四駆 パーツ価格比較調査 -どこで買うのがお得なのか?- 今 -回はミニ四駆パーツをどこで買うのがいいのか?という疑問に答えるべくどこが安いか・どこが最安値なのかを調べてきました。 パーツ価格について触れているサイトは...

コメント

コメントする

目次
トップへ
目次
閉じる