改造

フロントATバンパー(VZ・MA・MSシャーシ)作り方 解説 – 準備編 –

今回はVZ・MA・MSシャーシに対応した2軸のフロントATバンパーの作成に必要なパーツ・工具を紹介します。
(尚、上記以外のシャーシでフロントのビス穴が共通するAR・FM-Aシャーシにも対応可能となっています)

以前にもVZ・MAシャーシのフロントATバンパーの作成方法を紹介しましたが、今回は以前よりもさらに加工手順を減らして(たぶん減っているはずです…)且つ精度の高いものにしてみました。

今回の改造のコンセプトとしては、入手しやすいパーツと基本的な工具で且つシンプルな改造を目指したので初心者の方でも比較的簡単にできる改造となっています。

完成したフロントATバンパーは以下のような形となります。

また今回のフロントATバンパーの特徴として、以下のようなフロント提灯に対応できる形としています。

尚、今回紹介するパーツ・工具を使っての作成方法については以下の「作成編」をご参照ください。

フロントATバンパー(VZ・MA・MSシャーシ)作り方 解説 - 作成編 -今回はVZ・MA・MSシャーシに対応した2軸のフロントATバンパーの作成方法を解説します。 (尚、上記以外のシャーシでフロントのビス穴...

フロントATバンパー作成に必要なパーツ

ここではフロントATバンパー作成に必要なパーツを紹介していきます。

FRPリヤブレーキステーセット

ATバンパーの土台となるパーツです。

土台ということで結構な負担がかかるパーツなので可能であればカーボンタイプのHG カーボンリヤブレーキステーを用意したいところです。


ただしカーボンタイプは限定品ということもあり購入しづらいのが難点です。

ただ限定品ではあるものの毎年ロゴが変わった新製品が発売され、発売からしばらく経ってもちょくちょく在庫も復活し定価以下で購入できることもあるので、定期的に「HG カーボンリヤブレーキステー」を検索していればその内買える可能性が高いパーツでもあります。

また、カーボンリヤブレーキステーの新製品は毎年 夏頃に発売され、夏前ぐらいからAmazonをチェックしておけば事前予約もでき、ミニ四駆をやっていれば使用頻度が高いパーツでもあるので、購入チャンスがあればとりあえず買っておいて損はないパーツかと。

HG スーパーXシャーシ カーボンマルチ強化プレート

ATバンパーの基幹となるパーツです。

このパーツについては同じ形のFRPタイプもあり、安く済ませるならFRPタイプでも構いませんが、最も摩耗しやすい箇所でもあるためカーボンタイプを推奨します。

フロントワイドステー

ATバンパーのバンパー部分となるパーツですが、このパーツに関しては複数のパーツ候補があり、どれを選んでもフロントATバンパーとしての機能は同じなので以下のどれか一つを選んで頂ければと思います。

また、バンパー部分ということもあり かなり負荷がかかるパーツで走行中に折れるという事はまずないのですが、コースアウトなどして想定外の強い衝撃を受けると下の画像のように結構あっけなく折れてしまうことがあります。

こうなってしまわないためにも、できれば同じものを2枚用意して重ねて使用することを推奨します。

どれを購入していいのか分からない方は、作成編にてフロントATバンパーとしての各ステーの特徴を記載しているので、そちらを見て判断して頂ければと思います。

FRPフロントワイドステー

シンプルな見た目で個人的には今回のフロントステーの中では一番好きな形でもあります。

まったく同じ形でカーボンタイプのものも存在しますが、そちらは限定品ということもあり現状定価での購入が困難となっています。

ARシャーシ FRPフロントワイドステー

少し変わった形をしていますが、前述した「FRPフロントワイドステー」が対応していないローラー径(11mm)にも対応しています。

HG カーボンフロントワイドステー

前述した「ARシャーシ FRPフロントワイドステー」のカーボン版となるステーです。

ARシャーシ FRPフロントワイドステーと形は若干異なっていますが、ビス穴の位置は基本的に共通となっているためARシャーシ FRPフロントワイドステーと同じ要領で加工することが可能です。

カーボンステー・プレートは限定品であることが多いのですが、このパーツについては通常品なので特別在庫が切れることもなく安定して購入できるので、より強固なバンパーにしたいということであればこちらがおすすめです。

2mmロックナット


各箇所のビス固定に使用します。

ロックナットでなくても通常ナットでも代用可能ですが、通常ナットだと長時間走行しているうちにネジが緩む可能性があるので、出来る限りロックナットの利用を推奨します。

ステンレス皿ビスセット




各箇所のビス止めの際に使用し、今回のフロントATパンパ―を構成するビスはすべて皿ビスとなります。

皿ビスは現在2種類のタイプが販売されており、今回の改造以外でも何かと使うシーンが多いので余裕があれば両方用意しておくことをおすすめします。

両方用意できなくどちらか1つのみ選択ということであれば長さの融通が利く10・12・20・25・30mmタイプがお勧めです。

2段アルミローラー用5mmパイプ


ATバンパーの支柱になるパーツです。

今回は4個全部使用しますが、場合によっては2個の使用で済むこともあります。

製品上の名称では記載はありませんが、真鍮パイプと呼ばれることが多々あります。

スライドダンパースプリングセット



ATバンパー可動に欠かせないパーツでフロントATバンパーにおいては2個しか使用しませんが、MSフレキやスライドダンパー等にも使用するパーツなので余分に持っておいて損はないパーツです。

尚、各スプリングの硬さは以下となります。

それぞれのスプリングの硬さがどれくらい違うかは実際に現物を触ってみないとわからず、まだスプリングを持っていな方はどちらを買うべきか迷うところですが、とりあえずは黒タイプが封入されている「AO-1034 ミニ四駆スライドダンパースプリングセット」の方を買っておけば間違いないかと。

メタル軸受けセット


アルミローラー用パイプ・スプリングを固定するために使用します。

今回は2個しか使用しませんが、今回と同じような仕様でATバンパーを作成する際は必要となり、リヤATバンパーにも使用できるので余分に持っておいても損はないパーツかと思われます。

アルミスペーサーセット


VZシャーシ切断時のガイドとして使用したりATバンパーの効きを調整するためのパーツで、人によっては不要となるため必須ではありません。

こちらをわざわざ購入しなくても他のパーツに付属しているスペーサーで補える可能性もあるので、作業工程を見てから必要か否か判断して頂ければと思います。

必要パーツリスト

上記で紹介したパーツを以下にまとめました。

フロントATバンパー作成に必要な工具

続いてはフロントATバンパー作成に必要な工具を紹介していきます。

ボックスドライバー

ロックナットを固定するために使用する工具で、今回の改造のみならずミニ四駆全般の改造で必須級の工具となります。

グレードアップパーツに付属している簡易スパナでも代用可能ですがこちらの方が使い勝手がいいので持っておくと便利ですが、次に紹介するミニ四駆ドライバーセットPROでも代用可能なので工具費を抑えるのであればこちらは購入しなくてもOKです。

プラスドライバー


基本的にミニ四駆のビスを回せるプラスドライバーであればどんなものを使用しても問題ありませんが、手持ちのプラスドライバーがミニ四駆のビスと相性があまりよろしくなかったり、まだボックスドライバーを持っていないということであれば上記のミニ四駆ドライバーセットPROがお勧めです。

上記のプラスドライバーは当然ながらミニ四駆用ビスに適したサイズなのとボックスドライバービットも付属しているのでおすすめの一品となっています。

電動リューター


今回の改造では必須級の工具となります。

今回の改造のみならず他の改造でも電動リューターがあると作業効率が格段の上がるので まだ持っていない方はこれを機に購入することをおすすめします。

尚、用意するビットはタミヤから販売している「皿ビス穴加工ビット」は必須となり

「電動リューター用 ビット5本」も持っているとより加工の幅が広がるので余裕があれば用意しておきたいところです。

それとダイヤモンドカッターもかなり重宝し100均でも購入できるので、是非揃えておきたいビットではあります。
(そこそこ規模の大きな100均であれば購入できるかと思われます)


あと同じ100均で買える以下のビットもあるとより作業が快適になります。


尚、今回紹介したリューターはこちらで紹介しています。

電動ドリル(2.0mm刃・3.1mm刃)


ステーのビス穴追加とATバンパー支柱を通すための穴を拡張するために使用し、ドリル刃は2.0mm3.1mmを使用します。

上記の電動ハンディドリルには2.0mm刃も付属しているので、電動ドリル・2.0mm刃を持っていない方にはおすすめです。

ただし上記の電動ドリルでは基本的に3.1mm刃には対応していないので、3.1mm刃を使用する際は別途ドリルを用意する必要があるのでご注意ください。

また3.1mm刃は用意できないという方は、3.0mm刃でも代用可能で、3.0mm刃であれば100均で購入することができます。
(ただし3.0mm刃を使用して、3.1mm刃でできる作業を補うためにはリューター及び「電動リューター用 ビット5本」も必要となります)

ちなみに3.1mm刃・3.0mm刃を装着するドリルでお勧めなのが「マキタ 充電式ドライバドリル DF330DWSP」でドリルの回転精度が高く・大抵のドリルビットは装着可能と非常に優れた製品となっています。

しかしながら価格が1万前後するのが難点でもあるので「ミニ四駆のためだけにはちょっと高すぎる…」と思う方は、もっと安く3.1mm刃も装着できる電動ドリルが多数販売されているので ご自分にあったものを探して頂ければと思います。

電動ドリル選びで1点注意して欲しいのは だいたい4000円以下のドリルに関しては、基本的に回転精度が悪く軸ブレをおこして ドリル刃がぶれて正確な穴をあけられないこともあるので、購入者のレビューが確認できるのであれば念入りに確認しておくことをおすすめします。

ただ、軸ブレをおこすからといって、そう極端に加工精度が落ちることもないので、最初は安めの電動ドリルで試してみて、何かしらマシンの完成精度に影響があるということでしたら次のステップとして更に高いドリルの購入を検討してみるのが良いかもしれません。

ちなみに上記のタミヤの電動ハンディドリルは価格は安いものの回転精度は非常に高いのでコスパ的に最強の工具ではないかと思っています。
(これで太めのドリル刃ビットにも対応できるようになってくれれば申し分ない工具となりますが、構造的にそれは難しいので今後のタミヤの工具新製品に期待したいところではあります)

クラフトのこ

シャーシ切断のために使用する工具で、それ以外のパーツの切断も使用できる工具です。
クラフトのこ系の工具は多数ありますが、この薄刃クラフトのこは刃厚0.25mmと薄く、今回の改造では刃が薄いことの恩恵はあまりありませんが、切れ口を綺麗に仕上げることができるおすすめの工具です。

そんな優れた薄刃クラフトのこですが、全長約30cmと大きく結構かさばり保管しづらいという難点もあります。
「サイズが大きい工具はちょっと…」という方は以下のオルファ ホビーのこがおすすめです。


刃の厚さは約0.35mmと薄刃クラフトのこに比べてやや厚いですが今回の改造に関してはこれでも十分綺麗に仕上がりますし、値段もリーズナブルで全長も約20cmと保管しやすサイズになっています。

更にこちらは別売りの替刃に付け替えることによってデザインナイフとしても使用でき幅広い用途で使えるので、ミニ四駆のみならず他のシーンでも活躍してくれる工具となっています。

ただホビーのこは刃の全長が薄刃クラフトのこに比べて短いこともあり、比較的幅が広い箇所を切断する際は少々やりづらく 少し不向きな工具ではあります。

尚、今回の改造では「オルファ ホビーのこ」を使用していきます。

接着剤


プレート同士の結合に使用します。
特にこの接着剤でなくては駄目ということはありませんが、接着面積が広い場合 速乾用だと全箇所に接着剤を付け終わる前に固まってしまうということもあるので接着まで少し時間がかかるものを推奨します。

マルチテープ


これは仮止め等で一時的に使うものなのでマルチテープでなくてもセロハンテープやガムテープでも問題ありません。

ただミニ四駆の様々なシーンで何かと重宝するテープで、1つ買っておけば結構長持ちするので、持っておいて損はないアイテムではあります。

ヤスリ

今回の改造で各箇所を削る作業はほぼほぼリューターのみで可能ですが、一部の加工箇所についてはリューターよりもヤスリが適した箇所があるので、できれば用意しておきたい工具となります。

ただヤスリと言っても様々な種類があり今回の改造で必要になるヤスリを紹介していきますが、その前にヤスリの番手について簡単に説明しておきます。

どのヤスリにも必ず番手という数字があり、その数字が目の粗さを表してます。
(番手を示す場合は数字の前に#が付いています)

番手の数字が小さいほど目が粗く 一度にたくさん削れるものの仕上がり面は荒くなり
番手の数字が大きいほど目が細かく、一度に削れる量は落ちるものの削り跡が綺麗に仕上がります。

目の粗さは「粗目」「中目」「細目」という名称で分けられ、どの番手がどの名称になるかはヤスリの種類によっても異なり明確に決まっていませんが今回は、#300未満が粗目、#300以上#1000未満が中目、#1000以上が細目ということで話を進めていきます。

棒ヤスリ


今回は使用する機会は非常に少ないので、棒ヤスリを所有していない場合は特別用意する必要はありません。

特別用意する必要はないとは言ったものの、まだ1本も棒ヤスリを持っていないのであれば以下の「ツボサン ブライト900 中目」がおすすめです。

※商品名の900は番手ではなく表面硬度の値となります。

目の粗さは中目ではあるものの、加工面が綺麗に仕上がり、ヤスリの目詰まりもしにくくメンテナンス性にも優れているおすすめの一品です。

板ヤスリ

各パーツを整えたり、ステー・プレート同士の接着時により接着しやすくするために使用します。

用意する板ヤスリは中目・細目の2面構成の物が好ましく以下の物あたりがいいのではないかと思います。


ただ上の画像リンク先を見てもらうとわかりますが、値段がそこそこ高く まだ加工の経験も浅い初心者の方は面食らってしまうかと思われます。

そこで「板ヤスリを買うのはちょっと…」という方は、紙ヤスリ平らな板を用意すれば板ヤスリを作ることが可能なので試してみてください。

紙ヤスリは100均のもので十分です。

平らな板は ある程度片目で平らな物であれば何でも構いませんので家にある適切な物を探しましょう。
もしいい物がなければ100均で木製のまな板等販売しているので、こちらを使用するのがいいかもしれません。

紙ヤスリと平らな板を用意したらあとは両面テープで双方をくっつけて板ヤスリの完成です。

この方法であれば紙ヤスリと板を新規で用意しても220円で簡易的な板ヤスリが作成可能です。
(別途両面テープ代はかかりますが…)

手軽にできる板ヤスリではありますが、定期的に紙ヤスリを交換する手間がかかってしまうので、頻繁に板ヤスリを使うことであれば思い切って板ヤスリを買うのもありかと思います。

板ヤスリがあると加工作業効率もあがり、今回の改造でも活躍するシーンは多いので持っておいて損はない工具です。

グリス


ATバンパーの可動をスムーズにするために使用します。
特にグリスの指定はなく お手持ちのグリスで十分なので、新規購入する必要もありません。

これは持っておいた方がいいと強いて言うのであれば「オイルペン」で

このオイルペンをグリスと併用して使う事により、グリスの塗りすぎを防ぎ、簡単に適切な量で塗ることができるようになる優れもので、今回の改造のみならず他の改造・加工でも役立つので持っておいて損はないアイテムです。

ラジオペンチ


必須ではないんですがリューター使用時に加工するパーツが小さい場合は手に持つと危険でラジオペンチがあると安全に作業ができるのでおすすめです。

尚、上記のラジオペンチは100均で購入したものです。

ピンセット


細かいパーツ・部品を取り扱う際には必須級とも言える工具です。

今回の改造では細かいパーツを取り扱うところが非常に少ないため持っていなくてもなんとかなるので、作成方法を見て 必要と感じたら購入を検討してみるといいかもしれません。

ブラシ


こちらはあれば便利ということで、必須ではありません。

ブラシがあると加工作業後のパーツやヤスリについた削りカスを払うことができるので意外と重宝します。

上の画像のものは100均で購入できるので、持っていない方は他の工具類目当てで100均にいった際に一緒に購入してみてはいかがでしょうか。

必要工具リスト

最後に

以上がフロントATバンパー作成(VZ・MA・MSシャーシ用)に必要なパーツ・工具の紹介でした。
上記のパーツ・工具を使っての作成方法については作成編をご参照ください。

ちなみに今回紹介した商品の大半はAmazonにて最安値で買えます。(一部の商品はAmazonでは未販売)
ただし、在庫状況により在庫自体がなかったり・他業者が定価より高い金額で販売していることもあるのでご注意ください。

Amazonで在庫がない・値段が高いパーツ・工具については他のネット通販サイトで検索すれば定価よりも安く買う事もでき、ネット通販サイトのどこで買えば安いのかを「ミニ四駆 パーツ価格比較調査」の記事で解説しているのでよろしければ参考にしてください。

フロントATバンパー(VZ・MA・MSシャーシ)作り方 解説 - 作成編 -今回はVZ・MA・MSシャーシに対応した2軸のフロントATバンパーの作成方法を解説します。 (尚、上記以外のシャーシでフロントのビス穴...
ミニ四駆 パーツ価格比較調査今回はミニ四駆パーツをどこで買うのがいいのか?という疑問に答えるべくどこが安いか・どこが最安値なのかを調べてきました。 パーツ価格...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。