改造

ヒクオ(MAシャーシ)作り方紹介 -準備編-

今回はMAシャーシ用のヒクオの作り方を紹介します。

以前、フロント提灯の作成方法を紹介しましたが、その後に作成したATバンパーにそのフロント提灯が適合しなかったため、新たにヒクオという形でATバンパーと連結できるように作成してみました。

尚、今回紹介するヒクオは下画像の矢印で示したのビスの箇所に適合するよう作成しており、小径タイヤに対応する改造となっています。


また上記のフロントATバンパーを作成していなくても、以下のフロントワイドステーの穴の位置にビスを通せば、今回のヒクオを使用することが可能です。

改造コンセプトはいつものように、なるべく少ないパーツ・基本的な工具で且つシンプルな改造を目指したので、初心者の方でも比較的簡単にできる改造かと思われます。

完成形はこんな感じになります。

今回はこのヒクオ作成に必要なパーツと工具を紹介します。

ヒクオ作成に必要なパーツ

まずは必要なパーツを紹介してきます。

HGカーボンマルチ補強プレート(1.5mm)


ヒクオの基幹となるパーツその1です。
今回は部分的に細くする加工もなくそれほど高い強度が求められるわけではないのですが、ヒクオ動作時にビスとこすれる箇所があり、極力摩耗させないためにも強度の高いカーボンを採用しました。

FRPマルチ補強プレートセット


ヒクオの基幹となるパーツその2です。
こちらも2本使用しますが1本でも対応可能ではあります。

スーパーXシャーシ・FRPリヤ―ローラーステー


ヒクオの基幹となるパーツその3です。
マスダンパーを支える土台部分になります。
このパーツが最も少ない改造で使用できるという理由から採用しました。

スペーサーセット


プレート間連結のための支柱となります。
材質はプラスチックでもアルミでもお好みの方で。

マスダンパー


これはお好みになるので具体的なパーツ名は省略しました。
ちなみに今回の改造で私は「ボウル」と「アジャスト」の 2種類のマスダンパーを使用しています。

2mmロックナット


各所ビス固定に使用します。

17・19mmローラー用ゴムリング


こちらはリフター用として使用します。

ステンレス皿ビスセット




ヒクオを作る場合は必須パーツとなります。

皿ビスは「10・12・20・25・30mm」と「6・8・15mm」の2タイプあり欲を言えば両方所持していた方がいいんですが、どちらか一つということであれば長さがあり融通が利く「10・12・20・25・30mm」をお勧めします。

FRPリヤブレーキステーセット


こちらは追加の穴を開けるための型として一時的に使用するだけなので必須パーツではありません。
このパーツ以外にボールリンクマスダンパーに付属しているプレートやFRPリヤブレーキステーセットでも代用可能です。
それか以前紹介したフロントATバンパーを作成済みということであれば、加工したリヤワイド―ステーでも代用が効きますので、実際の工程を見て必要かどうか判断してください。

必要パーツリスト

上で紹介したパーツの一覧になります。

ヒクオ作成に必要な工具

続いては必要な工具を紹介していきます。

プラスドライバー

言わずもがな どの改造にも必須と言っても過言ではない工具となります。

ボックスドライバー


こちらもミニ四駆の改造では必須級の工具です。

なおプラスドライバーとボックスドライバーをセットにしたミニ四駆ドライバーセットPROもあります。

ボックスドライバーはもとよりプラスドライバーもミニ四駆用ビスに適したサイズなのでお勧めです。

ニッパー


模型全般を作る人ならまず持っているだろうという工具。
今回はシャーシの加工で使用するんですがニッパーを使わずに加工することも可能なので必須ではないです。
ちなみに私はタミヤ製の「精密ニッパー」と「薄刃ニッパー」の両方を所持しているんですが、上の写真にもある「薄刃ニッパー」が断然おすすめです。
ただ使い勝手と値段が比例するというか精密ニッパーよりも使いやすい分、薄刃ニッパーの方が値段も高くなってはしまいますが…

電動リューター


今回の改造ではドライバーと同じぐらい必須工具となります。
使用するビットはタミヤから販売している「電動リューター用 ビット5本」と「皿ビス穴加工ビット」です。


リュータービットは他にダイヤモンドカッターも必要になります。
ダイヤモンドカッターについては100均で購入したもので問題ありません。

それと必須ではないんですが同じくダイソーで買える円筒形・砲弾形ビットもあると便利です。


今回使用したリューターはこちらで紹介しています。

電動ドリル


ドリル刃は2.0mmを使用します。

瞬間接着剤


骨格部分の固定に使用しますが、マルチ補強プレートセットを2枚使用する場合はなくても問題ないので必須ということではありません。
ちなみに上の接着剤はこちらで紹介しています。

ラジオペンチ


必須ではないんですがリューター使用時に手でパーツを持って作業するよりもラジオペンチを使った方が安全に作業ができるのでおすすめです。
画像のものは100均で購入したラジオペンチミニです。

必要工具リスト

上で紹介した工具の一覧になります。

最後に

以上が必要なパーツ・工具の紹介でした。
上記のパーツ・工具を使っての作成方法は次回説明していきます。

ちなみに今回紹介した商品の大半はAmazonにて最安値で買えます。(一部商品はAmazonでは未販売)
ただし、在庫状況により在庫自体がなかったら他業者が販売しており定価より値段が上がることもあるのでご注意ください。

Amazonで在庫がない・値段が高いということでしたら他のネット通販サイトで検索すれば定価よりも安く買う事もでき、各ネット通販サイトのどこで買えば安いのかを「ミニ四駆 パーツ価格比較調査」の記事で解説しているのでよろしければ参考にしてください。

ヒクオ(MAシャーシ)作り方紹介 -作成編-前回はMAシャーシ用のヒクオ作成に必要なパーツ・工具を紹介しました。 今回はMAシャーシ用のヒクオの作成方法を紹介します。 作業...
ミニ四駆 パーツ価格比較調査今回はミニ四駆パーツをどこで買うのがいいのか?という疑問に答えるべくどこが安いか・どこが最安値なのかを調べてきました。 パーツ価格...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。