改造

リヤATバンパー(VZシャーシ)作り方紹介

今回はVZシャーシ用のリヤATバンパーの作り方を紹介します。

リヤATバンパーの作成方法

リヤATバンパー自体は以前紹介したMAシャーシ用のものが流用可能でリヤATバンパーの作成方法は過去の記事リンクを貼りましたので、以下の3タイプから気に入った形を選んで頂ければと思います。
(上の画像はType3を使用しています)

Type1


リヤATバンパーType1(MAシャーシ)作り方紹介 -準備編-

リヤATバンパーType1(MAシャーシ)作り方紹介 -作成編-

Type2


リヤATバンパーType2(MAシャーシ)作り方紹介 -準備編-

リヤATバンパーType2(MAシャーシ)作り方紹介 -作成編-

TYpe3


リヤATバンパーType3(MAシャーシ)作り方紹介 -準備編-

リヤATバンパーType3(MAシャーシ)作り方紹介 -作成編-

※準備編で紹介している「薄刃クラフトのこ」については
今回シャーシ側の加工はほぼないので「薄刃クラフトのこ」は不要となります。

※作成編については最初の「シャーシ加工」の工程は飛ばし「各パーツの加工」から始めてもらえれば、VZシャーシにも対応したリヤATバンパーの作成ができます。

VZシャーシの加工方法

VZシャーシ側の加工についてはリヤローラーステーを取り付ける穴を使用します。

リヤローラーステーは不要なのでこれを付けている場合は外します。
そしてこのリヤローラーステーを付けていた穴に皿ビスを使ってリヤATバンパーを取り付けるだけで完成です(笑)
(皿ビスの長さは6mmか8mmがお勧めです)


ただこのまま取り付けるとMAシャーシの時よりもリヤATバンパー全体の位置が高くなってしまいます。
そこでVZシャーシとブレーキステーの間にスペーサーやワッシャーを入れて高さ下げます。


この画像では1.5mmスペーサーを利用していますがタイヤ径によりバンクスルーに最適な高さが異なるので、ご自身のマシンに合った適切な幅のスペーサーやワッシャーを選びましょう。

また皿ビスの長さも、挿入するスペーサーやワッシャーの長さに合わせてリヤATバンパーをしっかり固定できる長さを選んでいきましょう。

最後に

これでVZシャーシ用のATバンパーは完成となりますがMAシャーシの時はデフォルトの高さが低いため、タイヤ径によってはMAシャーシのリヤATバンパーを取り付ける箇所の加工をしないとバンクスルー対策ができなくなるということもありました。
それに対してVZシャーシはデフォルトが比較的高い位置のため、タイヤ径が小さくなってもバンクスルー対策などもシャーシの加工なしで出来るので、その点ではMAシャーシよりも便利だと感じます。

そういったことも見越してVZシャーシは設計されたかどうかは不明ですが、流石は最新のシャーシといったところではあります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。