改造

VZシャーシ用 リヤATバンパー 作り方 紹介

今回はVZシャーシ用のリヤATバンパーの作り方を紹介していきます。

タイトルはVZシャーシ用とはなっていますが特別古いタイプのシャーシでなければほぼすべてに対応しており、リヤATバンパーの土台となるリヤブレーキステーの以下のビス穴と結合できるシャーシであれば対応可能となっています。

また、今回紹介するリヤATバンパーはこれまで過去に紹介してきた作成方法のまとめで、それぞれのリヤATバンパーの作成方法詳細については各記事のリンクを貼っているので、気に入った形のものがあればリンク先を参考にして作成して頂ければと思います。

リヤATバンパーの作成方法

ここではリヤATバンパーの作成方法を紹介していきますが、リヤATバンパーの形は複数あるのでご自分が気に入ったタイプのものを選んで頂ければと思います。

1軸タイプ

まずはATバンパー軸の支柱が1本である1軸タイプのリヤATバンパーを紹介していきます。

1軸タイプの特徴としては、ATバンパー軸を1本にすることで柔軟なATバンパーの可動が可能となり、マシンがフェンスに乗り上げた際のいなし効果が2軸に比べて高い性能となっています。

ただ、いなし効果が高い反面 ATバンパー軸が1本ということでバンパーがぐらつきやすくなる傾向があり、走行中の安定性については2軸に比べて若干劣る部分はあります。
(ただし、ぐらつき対策の加工も施してるので走行中の安定性もほぼ2軸と同等かと思われます)

1軸タイプのリヤATバンパーは以下となります。
形が気に入ったようであれば以下のリンク先から作成方法を確認して頂ければと思います。

1軸 リヤATバンパー 作り方 解説 - 準備編 -今回は1軸のリヤATバンパーの作成に必要なパーツ・工具を紹介します。 以前にも当サイトでリヤATバンパーの作成方法を解説しましたが...
1軸 リヤATバンパー 作り方 解説 - 作成編 -今回は1軸のリヤATバンパーの作成方法を解説していきます。 以前にも当サイトでリヤATバンパーの作成方法を解説しましたが、その時は...

2軸タイプ

ここで紹介するリヤATバンパーはATバンパー軸の支柱が2本ある2軸タイプのものとなります。

2軸タイプの特徴としては、1軸タイプに比べバンパーの安定感があり、走行中にATバンパーがブレにくく安定した走行が期待できます。
ただしATバンパー軸が2本ということでマシンがフェンスに乗り上げた際のいなし効果については1軸に比べ劣ってしまいます。

そして、ここで紹介するリヤATバンパーは過去にMAシャーシ用として作成したものとなりますが、同じ作成方法でVZシャーシにも適合できるので各リンク先で解説している作成方法通りに作ればVZシャーシにも取り付け可能となっています。

尚、2軸タイプのものは全部で3タイプあり、それぞれ微妙に形や使用パーツが異なるので どれを作るか迷ったらご自身の所持しているパーツなどの事情を考慮しながら決めると良いかもしれません。

Type1

リヤATバンパーType1(MAシャーシ)作り方紹介 -準備編-今回はMAシャーシ用のリヤATバンパーの作り方を紹介します。 以前作成したフロントATバンパーのギミックを流用する形でリヤ側のAT...
リヤATバンパーType1(MAシャーシ)作り方紹介 -作成編-前回はMAシャーシ用のリヤATバンパーType1作成に必要なパーツ・工具を紹介しました。 今回は作成方法を紹介します。 完成形は...

Type2

リヤATバンパーType2(MAシャーシ)作り方紹介 -準備編-今回はMAシャーシ用のリヤATバンパーの作り方を紹介します。 以前作成したリヤATバンパーType1をマイナーチェンジし Typ...
リヤATバンパーType2(MAシャーシ)作り方紹介 -作成編-前回はMAシャーシ用のリヤATバンパーType2作成に 必要なパーツ・工具を紹介しました。 今回は作成方法を紹介します。 完成...

Type3

リヤATバンパーType3(MAシャーシ)作り方紹介 -準備編-今回はMAシャーシ用のリヤATバンパーの作り方を紹介します。 以前作成したリヤATバンパーType1・Type2をマイナーチェンジ...
リヤATバンパーType3(MAシャーシ)作り方紹介 -作成編-前回はMAシャーシ用のリヤATバンパーType3作成に必要なパーツ・工具を紹介しました。今回は作成方法を紹介します。 完成形は以下...

※今回シャーシ側の工具を使っての加工作業はないので、準備編で紹介している「薄刃クラフトのこ」については必要ありません。

※作成編については最初の「シャーシ加工」の工程は飛ばし「各パーツの加工」から始めてもらえれば、VZシャーシにも対応したリヤATバンパーの作成ができます。

VZシャーシの加工方法

上記で紹介したリヤATバンパーをVZシャーシに取り付ける際は、基本的にVZシャーシ側は無加工のままで以下のビス穴に取り付ければOKです。

尚、リヤATバンパー取付に使用する皿ビスの長さは6mm8mmがお勧めです。

これでVZシャーシへの取付は完了となりますが、VZシャーシのリヤのビス穴の位置が他のシャーシと比べてやや高めになっているのでリヤATバンパー全体の地上高(地面との距離)も高めになります。

高めの方が都合が良かったりもしますが、タイヤ径によってはもっと地上高を低くしたいということもあるので、リヤATバンパー全体の高さを低くしたいという場合はVZシャーシとブレーキステーの間にスペーサーワッシャーを入れることで高さを調整できます。


上の画像では1.5mmスペーサーを使用していますがタイヤ径により最適な高さが異なるので、ご自身のマシンに合った適切な幅のスペーサーやワッシャーを選びましょう。

また皿ビスの長さも、挿入するスペーサーやワッシャーの長さに合わせてリヤATバンパーをしっかり固定できる長さを選んでいきましょう。

最後に

今回はVZシャーシ用ということでVZシャーシにスポット当てて紹介していきましたが、冒頭でも言ったように 特別古いタイプのシャーシでなければ今回紹介したすべてのリヤATバンパーを取り付けることが可能なので、VZシャーシ以外を使用している方も参考にして頂ければと思います。

VZシャーシにスポットを当てた理由としては、最新のレーザーミニ四駆シリーズのマシンは現時点ではすべてVZシャーシということもあり、コロコロコミックで連載中のミニヨンキングを読んでミニ四駆を始めたという方であれば まずはレーザーミニ四駆を購入するのではないかと思い、そういった初心者の方向けに記事を書いた次第です。

また、今回紹介したリヤATバンパーは他のシャーシにも簡単に流用することが可能なので、VZシャーシのみならず他のシャーシで走らせる場合でも使ってもらえると幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。